コミュニケーション能力を上げる、ローコンテクストへの意識効果

スポンサーリンク

自分を成長させるための勉強は何も座学から得られるものだけではありません。実際に動いてこそ、身につくことも多いでしょう。

特にコミュニケーション能力はその最たるものです。

コミュニケーションは相手を理解し、自分を理解してもらうための大切なツールであり、コミュニケーションなしには仕事でも家庭でもうまくいくとは限りません。

コミュニケーションにもさまざなものがありますが、日本のコミュニケーションの特徴としてはハイコンテクストという点があります。

ただ、このハイコンテクスのコミュニケーションができるのはかなり限定的で、いつもの日本的な感覚でいくと失敗することもあります。

特にグローバルでの仕事では、色んな地域の方とのコミュニケーションを取る必要がありますが、そんな時にはローコンテクストのコミュニケーションが必要になります。

コンテクストについてシェアしましょう。

ローコンテクストとハイコンテクストってなに?

コンテクスト(Context)は「背景」「文脈」という意味です。

そのため、ローやハイコンテクストとは次のような意味になります。

  • ローコンテクスト:背景の理解が少ない
  • ハイコンテクスト:背景の理解が多い

実際のコミュニケーションでは以下のようになります。

ローコンテクストなコミュニケーション

背景や文化について共通理解が少ないため、言葉を重視し、論理的なわかりやすい会話

ハイコンテクストなコミュニケーション

背景や文化について共通理解が多いため、その場の雰囲気や会話の流れを重視する会話

ローコンテクストとハイコンテクストの会話例

実際の会話でどんな違いがあるか確認していましょう。

ここではAがBに進行中の仕事の案件の進捗を確認しています

ローコンテクストの場合

A「この前、手伝ったX社の案件はどうなった?」

B「うまくいったよ。Aが手伝ってくれたおかげだ、ありがとう」

ローコンテクストの会話では言葉を重視するため、その会話だけで、内容が伝わるようにします。

ここでは、Aは「X社の案件」と具体的に聞いています。

そしてBも「うまくいった」という結果をはっきりいっていますね。

ハイコンテクストの場合

A「この前、手伝った案件はどうなった?」

B「Aのおかげでなんとかなりそうだよ。話もなんとかまとまって、いい出来になりそうだ」

ハイコンテクストのコミュニケーションでは今までの背景等も理解しているため、直接的な言葉を避ける傾向にあります。

そのため、Aは「手伝った案件」と聞く内容もおそらくBでないとわかりません。

Bも「うまくいった」という結果をぼかしつつも、良い感じで進んでいるとぼかして表現していますね。

日本では「空気を読む」というように周りの状況を察することが求められるコミュニケーションをよくとります。

そして以前若者がよく使った「KY(空気を読めない)」からも、空気が読めないことを悪くいう風潮があります。

このことからも非常にハイコンテクストなコミュニケーションが要求されているということがわかります。

なぜ日本はハイコンテクストなのか?

一番の理由は、「日本が島国で、かつ単一民族国家」だということです。

日本には北海道のアイヌや沖縄の琉球民族もいますが、それでも多くの日本人が同じ文化、背景、似た思考を持つ傾向にあります

島国ということで、他国からの流入が少なく、かつ桃山時代以降全国統一によって同じような文化が伝播したことが関係します。

日本には「出る杭は打たれる」という言葉があります。これはある一定の「普通」というものに当てはめる傾向の表れでしょう。

さらに行動経済成長期の「一億総中流」という考え方からも、国民が皆、一緒の価値観を目指してことが伺えます。

結果として、現在においても「空気を読む」「空気を読めない」や会社における長時間労働、上下関係、学校の部活など以前は同様の価値観を持っている人が多かったため、非常にハイコンテクストな文化がまかり通っていた、そんな傾向があります。

しかし、上記の例は、今では社会問題にもなっている内容です。いろんな情報を取ることができるようになった現在、考え方も多様性が広がっているのでしょう。

日本以外の海外ではどうなの?

日本と同じように島国のイギリスや他には中国などが日本ほどではありませんが、比較的ハイコンテクストなコミュニケーションと言われています。

アメリカや多くのヨーロッパ諸国では多民族国家によって今までも色んな人、文化、、思想が流入しており、背景が非常に多種多様です。

そのため、ローコンテクストのコミュニケーションをします。

多種多様であることから、どんな背景を持っている人でもわかりやすく伝えられるように会話をしているのです。

最後に

日本は非常にハイコンテクストな文化、コミュニケーションを行います

そのため、グローバルに活躍したい、また社内に海外の方がいる、という方には是非、ローコンテクストなコミュニケーションを意識してほしいです。

また、ネットの広がりで誰もがたくさんの情報を得ることができる情報社会になりました。

その結果、日本の中にいても、それぞれが身につけている知識や考え方に多様性が出てきていると思います。

例えば、

昭和のアイドルは「聖子ちゃん」など誰でもだいたい同じ人をあげると思います。

でも今流行っているアイドルというと、人によって異なるのではないでしょうか。

そのため、自分は国内で頑張る場合であっても、今後、ローコンテクストなコミュニケーションを身につけることが働く上で必要になると考えます。