先を見て計画し、勉強スケジュールで差をつけろ! | つむぎログ

先を見て計画し、勉強スケジュールで差をつけろ!

スポンサーリンク

勉強をするとき、計画を立てていますか?

計画は、今日明日やることを具体化し、

勉強を始めるためのハードルを下げてくれます。

とはガッチガチに計画を組んでしまうと、

今度はそれに縛られることや、できなかった時に

ストレスを感じるかもしれません。

そのため、先を見越して、

いい塩梅で計画を組むことが勉強での差をつける方法です。

一夜漬けだと、勉強が捗る経験はありませんか

計画といってもすぐにできる人ばかりではありません。

逆に学生時代なんかは一夜漬けで勉強していたかもしれません。

勉強は長期的なスパンで考えた方が絶対に自己の成長につながります。

ただし、一夜漬けのとき、

今まで勉強していないのに、妙に集中できたことはありませんか?

学生の一夜漬けを考えて見た場合、

何の科目をどれくらい、どこまで勉強するのか、どれだけ時間をかけるのか、

もう時間が限られているわけですので、どうしても効率よくやるしかない状態になります。

そのため、「ここだけは」とヤマを張って、そこに集中したりします。

このできる時間が限られており、効率よく勉強しなくてはいけないというのは

働く人の環境にそっくりではありませんか?

ゴールが分かれば、それに向かう道筋を決めればいい

一夜漬けは短期的な記憶としてならともかく、

長期的にはやくに立つものではありません。

しかし、一夜漬けの勉強のように、

テストというゴール、短い時間、効率の良い勉強の仕方は、

勉強法としては学ぶことが多くあるのです。

例えば、

ある資格について学ぶため、テキストを買って、読むとします。

資格試験の場合、正答率何%以上で合格になることが多いです。

これは逆に考えると、残りの問題は間違えてもいいのです。

そのため、テキストを選ぶ場合は何冊も買う必要なく、一冊で十分です。

比較的薄く、かつ読んで自分にあってそうなのを選ぶのがオススメです。

「一冊だけだと、足りないところもあるのではないか?」

そう思う方もいるでしょう。

確かに高得点を取るためには、あまり良くない勉強法ですが、

効率よく、短い時間でやるには、一冊をしっかりやった方が効果的です。

繰り返しやることで定着させる

なんども一夜漬けの知識は短期的な記憶と言いました。

それを長期的な記憶にするためには「繰り返し」やりましょう!

人は1回で全てを覚えることは難しいです。

記憶してから1週間後には、記憶したことの20%しか覚えていないと言われています。

エビングハウスの忘却曲線

ではこれを知識と定着させるには、

忘れることに再度、勉強することなのです。

繰り返しやることで、知識として定着させ、忘れにくくすることができるのです。

また、1回目の勉強では知らないこと、わからないことが多くても、

2回目以降は知っていること、わかっていることも増えるため、

勉強のスピードも上がります。

このとき、読むテキストが1冊なら、繰り返すのも苦ではないです。

最後に

何を?

何の目的に?

どうやって?

いつまでに?

このような考え方は何も勉強だけではありません。

仕事を効率よくするためにも実は重要な考え方です。

勉強を通して、そういったスキルを身につけ、仕事に生かすことで、

さらに勉強の時間やプラベートの時間も充実できるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする