働く人ほどアウトプットにこだわった勉強方法に変えることで、勉強の効率をアップ!

スポンサーリンク

勉強というとテキストを読んだり、単語を覚えたり、といったようにインプットが基本になることが多いです。

しかし、働く人たちには時間がありません。

インプットだけではいつになっても使いこなせるようになりません。

忙しいあなたこそ、覚えたことを使う、改良する、さらに発想を広げる、そんな風にどんどんアウトプットしていくことで、インプットだけでは身につかなかったことが早く身につきます。

アウトプットすることの利点と、その方法についてまとめていきましょう

アウトプットの利点

インプットしたことをアウトプットする利点は大きく5つあります。

・記憶の定着

アウトプットする手法として、声に出したり、書いたりする方法があります。

テキストを読んで覚えるだけでは、目しか使いません。もしリスニングであれば、耳も使います。

ここに声に出したり、書いたりする作業を加えると、視覚、聴覚、触覚と別の感覚を利用することになるため、情報量が増してきます。その結果、記憶として定着を促してくれます。

例えば、英単語を覚えるのもただ見るよりも声に出して、発音、意味、綴りを一気にリンクさせて覚えた方が記憶に残りやすいです。

・現状把握、問題点の深堀

アウトプットを行うことで、現状把握をすることができます。

資格試験なら、問題集を解くことでしょう。

そうすると覚えていないところは間違えるため、自分がまだできていないことが把握できます。

また勉強中の内容を人に話して見ると、まだ理解できていない部分を知ることができるため、これからの勉強の助けになってくれます。

・モチベーションアップ

現状把握することで、モチベーションを上げることができます。

それは「自分がどれだけできるようになったのか」がわかるからです。

勉強は成果が出るまでには時間がかかります。そのため、モチベーションの維持がすごく大切です。

そこで問題を解いたり、人に話したりするアウトプットを行うことで、「思っていた以上に自分が理解しているんだな」と感じることもあると思います。

できるようになった自分を知ること、まだ足りない部分を明確にすることで次何すべきかわかり、続けていくモチベーションを保ってくれます。

・客観的な視点

問題だったら、正解不正解がはっきりします。

人に話すのであれば、その人が理解できたのか否かがわかります。

これの結果を知ることで、自分の知識や覚えたことがどれだけ役に立ったのかどうか、自分を客観的に見ることができます。

主観的に自信を持つことはとても大事です。

しかし、それと同じくらい客観的に自信を持てるともっといいのです。

・仲間を作る

世の中を見渡すと、いろんな勉強会やコミュニティがあります。

アウトプットの場として、そういったものを利用するのも一つの手です。

アウトプットができるだけでなく、同じ勉強を行う仲間や同志を得ることができるため、共に励ましあったりすることができます。

「一人では勉強は続かないけど、友達と一緒に勉強したら捗った」

そんな経験があるなら、ぜひ仲間を作るって見ましょう。

アウトプットの欠点

利点がたくさんあるアウトプットする勉強法ですが、欠点はあるのでしょうか。

・場所が限られる

アウトプットでは、問題を解いたり、声に出したり、します。

そうするとどうしても気になるのが、周りの人の目です。

不思議そうな目で見られるのは堪らなく嫌ですよね。

・人を選ぶ

アウトプットの方法として、「人に話す」方法があります。

しかし、相手がその勉強に興味があるとは限りません。

また聞いてくれるほど、寛容とも限りません。

どうしても話す人がおらず、一人でやらなくてはいけなくなる時もあるのです。

・それなりに知識が必要

アウトプットするためには全くの初心者ではいけません。

例えば、英会話を考えて見ます。

英語を習い始めて「Hello」「Thank you」ぐらいしか話せない人が英会話の場に行くとどうでしょうか。

活発な人なら、2語とボディランゲージでなんとかなるかもしれませんが、そんなにうまく行くとは限りません。それどころか、自分が全くできないことで自分を嫌いになるかもしれません。

いきなりのアウトプットは難しく、せめて最低限は身につける必要があります。

・意識レベルで上達に差が大きい

同じ勉強、同じ方法をしても上達の差はあります。

それはアウトプットでも同じです。

特にアウトプットの勉強方法はその人自身のやる気によって、アウトプットするレベルが異なるため、そこから得られることも差が大きくなるのです。

アウトプットの方法

アウトプットの利点と欠点を見てきました。最後に誰でもできるアウトプットの方法を5つ紹介します。

・音読

テキストを読むことをして見ましょう。単に目で文字を追うよりも記憶に残りやすくなります。

また、抑揚をつけて読むことで、プレゼン能力や会話力の勉強にもなります。

・独り言

いつでもテキストを持っているは限りません。

そんな時は覚えたことを声に出して見ましょう。

ブツブツと小さな声でも、思い出す、声に出す動作によって記憶の定着を促します。

しかし、周囲には気を配りましょう。

・問題を解く

一番一般的な方法です。

テキストを読み込むよりも、問題になれ、分からなかったことをテキストで振り返るようにした方が勉強の効率もグンと上がります。

・家族や友人に話す

自分が勉強していることを話して見ましょう。

まずは家族や友人に話してみてはどうでしょう。知識がある人なら、間違いを指摘してくれるかもしれません。全く知らない人なら、そんな人にどう話したらいいか考えることで、覚えたことをよりわかりやすい形に変換することができます。

・ブログ、SNS

このブログでもそうですが、ブログやSNSで勉強中のことを発信するのもいいかもしれません。

・簡単に、わかりやすくする

・発信する

この2つをどんどん取り入れましょう

・同じ勉強をしている仲間と議論する

もしコミュニティがあるなら、一つの勉強テーマについて議論してもいいかもしれません。

最後に

勉強は使えるようになってこそ、あなたを成長させます。

成長を促進するためにもどんどん覚えたことを使っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする