短くてもいいから、続ける。勉強しない日を作らない

スポンサーリンク

勉強を続けるのは大変ですよね。

時には疲れてやりたくない時もあるでしょう。

本当に疲れているのであれば、そこはぜひ休んだ方がいいです。

休んでから、勉強に励んだ方が覚えもいいでしょう。

しかし、普段であれば、なるべくほんの5分、10分でもいいので、勉強する癖をつけましょう。

毎日勉強をする利点

毎日勉強することの利点は「習慣化することができる」からです。

では習慣化することでどんな利点があるか、説明します。

・精神的ハードルを下げる

何かを始める時というのは、実は始めるまでが一番たいへんなのです。

例えば、健康のためにランニングをすると考えます。

初めはちょった走るだけでも、大変なような気がしますが、いざ走ってみるとゆっくりでも数kmは走れたりするものです。

逆に走りすぎて疲れてしまうこともありますが。

毎日やっていると、そのうち習慣化します。

すると勉強すること自体が当たり前になるため、特にストレスなく行うことができます。

・逆にやらないことがストレスになる

習慣化するとやって当たり前になるため、逆にやらないことに違和感を感じるかもしれません。

それは朝習慣的に顔を当たっていたのに、その日だけ忘れてしまって顔に違和感を感じるようなものです。

しかし、習慣化するまでは少し時間がかかります。

短い時間で構わない

そのため、まずは短い時間でもいいので、続けることです。

できるときはたくさんの時間やっても構いません。

しかし、忙しいときは移動中や電車の乗り換えの5分、

トイレに入った時でも短い時間でも構いません。

まずは続けることがとっても重要なのです。

やってきた自分に自信を持とう

習慣化するまでは意識して勉強しないとなかなか続けられません。

しかし、せっかく毎日続けてこれたなら、それを記録にとってみてください。

初めはすぐに諦めてしまうかもしれない、そう感じることもあるかもしれませんが、実際に記録をつけてやってみると思った以上に自分が毎日やってきたんだなってことがわかります。

記録をつけるソフトやアプリはありますが、進めは「Studyplus」です。

自分の記録だけでなく、他の人の勉強記録を見たり、フレンズやコミュニティ登録もできるので、勉強を続ける励みになります。

最後に

勉強はあなたを成長させるとっても大事な行為です。ですが、なかなか続けられない人がいるのも事実です。

まずは少しでもいいから、結果にこだわらず、続けることです。

そして習慣化し、より上を目指すための勉強に切り替えるのがいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする