【考えること】論理的思考や戦略思考は選択肢を増やしてくれる

スポンサーリンク

仕事の研修では、ロジカルシンキングをはじめとして色々な思考法を学ぶ機会があることでしょう。

しかし、それを使いこなせていますか?

私自身もまだまだ足りないなー、と思いますが、それでもそれらが必要なことであると感じています。

でも時々、そうではなくて、経験則を重視して、あまり深く考えていない人もいるなと感じます。

経験則は大事ですが、それだけでは選択肢を狭めてしまう、私はそう感じます。

今回は思考力を鍛えることが成功や幸せを掴むための選択肢を与えることについてシェアしたいと思います。

なぜ経験則だけではダメなのか?

同じことを続けていれば、どんどんとスキルは向上し、今は時間がかかってしまうこともその内それなりの速さで行うことができるようになります。

また同じような繰り返しがあれば、次に何が起こるのか予測することも可能になります。

経験則はその言葉の通り経験したことから導き出される法則のことです。太字にも書きましたが、同じようなことであれば、経験則は非常に有効です。

しかし、同じことが起こる確率はとても低いことが経験則の問題であります。

以前はできたことも、今は時代が変わったり、人が変わったり、考え方が変わったりしているため、必ずしも使うことができません。

また経験則はあくまでも個人的なモノであり、他の人に伝搬しにくい点も問題になります。

ではもう少し詳しく見ていきます。

オペラント条件づけ

経験則は行動心理学の言葉を借りるなら、オペラント条件づけ、またはオペラント学習と言います。

これは「ある刺激に対して、自発的にある行動をするように学習する」ことです。

例えば、動物にベルを鳴らせば、餌がもらえることを教えると、その動物は餌が欲しい時に自らベルを鳴らすというものです。

人で例えるならば、部下のミスを叱れば、だんだんと部下のミスが減るというものです。

ただこれは外部から刺激を与えたり、経験したことでないと進みません。

学習性無気力感

また経験則は必ずしも良い方向にいくばかりではありません。

それが「学習性無気力感」です。

例えば、

勉強してもテストの点数が上がらない

自分は勉強しても結果の出ないダメなやつだ

なら勉強なんかしてもしなくても変わらない

このように自ら選択肢を閉ざしてしまうこともあるのです。特に自分を卑下する人はこの傾向にあります。

なぜ思考が必要なのか?

オペレント学習は外的刺激が与えられて行動を引き起こします。

ただし、それらの外的要因によって覚えたことは内的動機よりも責任感、想像力が劣ることが言われています。

つまりその点からも自分で考えることの重要性があることがわかります。

論理的思考の必要性

そこでまず身に付けたいのは論理的思考です。

なぜ論理的思考かというと、それが全体像やつながりを見ることがしやすいからだと思います。

例えば、ビジネスに失敗した時を考えて見ましょう。

まずビジネスを始める前にターゲット設定やコスト構造、売り方や売上予測を立てることでしょう。

それらのプランを元に失敗した時、そのプランが悪かった部分が明確になると思います。これを潰していけば、いつか成功することもできるでしょう。

しかし、もしそのプランの立案が適当な場合、なぜ失敗したか、その原因がわかりません。それだけでなく「社員が動かなかったから」「社会情勢が変わったから」と外部に問題の原因をすり替えるかもしれません。

このように思考をしていない場合、次につながらないばかりか、外部に問題をすり替え責任を取らなくなります。

こんなことでビジネスを良くしたり、幸せになるための選択肢を増やすことができるのでしょうか?

責任感

また自ら思考しないと問題になるのが責任感の欠如です。

自己決定論(Self-determination theory)の説にもあるように、自己決定した方が責任感が強まります。

他の人からの指示で失敗したなら、その人のせいにすることができるかもしれません。

しかし、自分で決定したことなら、自分で責任を取らなくてはいけないため、正直失敗しないように全力を尽くすのではないでしょうか?

失敗しないためには調べたり、「こんな時にはどうしたらいいのか?」「もし状況がこう変わったらどうする?」など様々な選択肢を思考し、リスクヘッジも込みで、多くのパターンを考えることになります。

このように考えること、思考することが選択肢を増やすそもそものツールと言えるのです。

思考は急にはできない

これは私が観察して感じたことですが、日頃から思考している人でないと、なかなか思考ができないのです。

いわゆる「考えが凝り固まっている」状態です。

この状態ですが、急に思考しなくてはいけない時に思考できずに止まってしまったり、できたとしても考えの幅が狭く適切な回答を出せないかもしれません。

そのため、まずは「今後自分がどうなりたいか」など自分のことからでいいので考えて見てはどうでしょう。

まとめ

経験則のみで行動することは悪く言えば、他の動物でもできます。

対して思考して、新しい選択肢、広い選択肢を考えるのは人だけができることかもしれません。

選択肢を増やし、より幸せに生きるためにも身近なことから考えて、思考を巡らせて見てはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする