【保存版】おすすめ食健康管理アプリベスト5

スポンサーリンク

勉強にも仕事にも、家族サービスでもなんでも、それができるのは健康があってこそです。

元気であれば、なんだってできます。やれることは増えます。

今回は、そんな健康の中でも食の管理に関わる健康アプリを紹介します。

個人的には健康は食、運動、睡眠それぞれあってこそだとは思いますが、「運動したくない」や「時間がないよー」と人それぞれでなかなか続けられないこともあるでしょう。

20ほどのアプリを使って、これはいいな!ぜひ勧めたい!と思ったものに絞って5つ紹介します。

食健康管理アプリとは

今はいろんなアプリがありますよね。食に関するアプリもたくさんあり、ダイエット目的のものが特に目立ちます。

今回はその中でも食健康管理アプリについて解説します。

食事のログを取る

まず、食健康管理アプリで多くのアプリで共通するのが食事の記録管理です。

食生活を見直したり、食から健康を考えるならば、まず初めに今の自分の食生活を見直すことが大切です。

そこで、食べたものを記録したり、写真を撮ったりして記録をとっていきます。

AIや栄養士による簡単なサポート

また記録をもとに食べた食事を評価してサポートしてくれるサービスもあります。

食べたもの写真について、栄養士が簡単な評価をしてくれるものがあります。

他にもAIによって自動的にかつ素早くアドバイスしてくれます。

特にAIの方は入力した情報が細かければ細かいほど、数字を見ての的確なアドバイスを人を使うよりも素早く評価や改善案を提示してくれます。

レスポンスの早さは忙しくてなかなか見れない人にもおすすめです。

栄養士による具体的なサポート

アプリによっては有料ですが、栄養士による具体的なアドバイスを受けるサービスも存在しています。

こちらの方が例えば1週間をじっくり見てくれて意見をくれたり、生活の改善案を教えてくれるため、信頼度は高いかもしれません。

本気を出して現状を変えたい人にはおすすめです。

おすすめアプリ

私個人に使用した20個のアプリの中でいいなと思ったものを5位まで紹介します(複数回答あり)。

第5位 FiNC

FiNCはAIによる個人トレーナーを受けられるアプリです。

食事記録や、歩数を記録できるだけでなく、他の人の食事や運動も観れるのでSNSの感じに近いです。

またAIが時間によっていろんな質問をしてきます。

「体重は?」「睡眠時間は?」などなどです。

これに答えていくだけでも、記録を取るのにとっても便利だし、なんで記録を取ることが重要なのか、健康になるためにはどうしたらいいのか答えてくれるのでなかなか面白いです。

また個人トレーナーをつけて実際の食事や運動をしっかりサポートしてくれるサービスもあります(有料)。

管理人評価

AIによるサポート、SNS形式など、他のアプリとは違って結構全部盛りな感じのアプリです。

コンセプトはとってもいいですが、まだ技術が追いついていないのか、少し他のアプリに比べるとゆっくり、悪く言えば重くて遅いので、少しイライラしました。

内容はいいと思うので、今後の改良次第だと思います。

第4位 Table For Two または やせる食事記録

この二つは写真をとって記録を撮っていくアプリです。

メニューを入力したりがめんど臭い人で、まずは食事の写真記録をただとっていくことを目的とする人にはおすすめです。

写真だけでも1週間経ってから後から見るだけでも、自分の食事の偏りはわかるかもしれません。

「やせる食事記録」は本当に写真だけに特化しています。「Table For Two」は写真をアップすると協賛企業からアフリカの子ども達の給食費として1回につき1円寄付するアプリです。

管理人評価

どちらも写真を撮って記録するだけなので、とっても楽に続けられます。特に「Table For Two」は自分の食生活の管理のための行動が寄付につながると思えば、続けられるかもしれません。

ただし、食事の写真を毎回取るのはとっても大変でした!

やってみるまで、写真撮るだけなら楽だろうと思っていたのですが、他の人と一緒に食べる時や飲み会の時など、料理の写真をパシャパシャ撮るわけにもいかず、取らないで終わることもしばしばでした。

第3位 Mealthy

メルシーと読みます。

メルシーは食事の記録機能と外食やコンビニでのヘルシーな食事を検索する機能があります。

シンプルで使いやすく、自分で作らなくてもコンビニでヘルシーな弁当や惣菜を見つけることができるので、単身の人にはとっても便利です。

また写真やメニューの記録を取ると、少し時間を置いてから、担当の栄養士からの簡単なコメントをもらうことができます(無料)。

無料でこれはすごいと思います。

管理人評価

メルシーはシンプルで操作しやすいです。外食やコンビニの情報は学生や一人ぐらいの人にはすごくお勧めできる機能です。

また栄養士のコメントがタダでもらえるのは嬉しいです。人がやっているらしく、写真だけでも「これは〇〇ですか?美味しそうですね。でも野菜もつけるといいかもしれません」みたいに答えてくれます。

ただ人がやる分、すぐに結果を知りたい人にとっては、イライラするかもしれません

第2位 あすけん

あすけんは記録アプリとSNSとして他の人の記録も見れるアプリです。

内容自体は上で挙げたものと似たり寄ったりのアプリですが、大きな違いとしては他のアプリよりも一日として俯瞰して見やすい点です。

見やすいので、何を入力したらいいのか、一日を通してどうしたらいいのかがわかりやすくなります。

管理人評価

このアプリは初めて開いたときにも非常にわかりやすいなと思ったアプリです。

一食一食をバランスよく食べることも、記録を取ることも大事ですが、食生活って一日だったり、1週間だったりと少し長い目で見ることも必要です。

その点、「あすけん」は一日の記録を俯瞰して見やすいですし、記録がたまれば、それをグラフとして見ることが可能なため、食習慣を見直す点では非常に優れているアプリだと感じました。

第1位 カロリーママ または健康サポーター

キリンの健サポもカロリーママとの共同開発のアプリなので、中身は非常に近いですが、飲酒部分がより強化されています。

カロリーママは食べたメニューを検索して、食べたものに近いものを選択することでより詳しい結果を出してくれます。

例えば、日清のカップヌードルのシーフードのようにです。他のアプリでもこのように選択することはありますが、カロリーママが一番検索で出てくるものが多かったです。

また栄養サポートもあります。レスポンスの速さからAIですが、このアプリを作成している「株式会社リンクアンドコミュニケーション」は7000人以上の管理栄養士・栄養士がした過去の実際の栄養サポートの記録をもとにしているためか、非常に的確な部分です。

ただし、的確な部分もありつつもわかりやすく書かれている点もいいなって思いました。またコラムなどもあり、暇なときに読むのもいいかもしれません。

管理人評価

今回おすすめアプリ第1にしましたこのアプリ。

いろんなアプリと比べながら使ってきましたが、一番使いやすく、かつ内容もわかりやすかったのがお勧めする理由です。

記録アプリで一番難しいのは「記録を取り続けること」です。

いかにストレスなくできる点がやって見て重要だとすごく感じました。SNS機能も面白いですが、それよりも健康を正す点ではしっかりと自分と向き合う必要があります。そのため適切なアドバイスをくれる点がとっても素晴らしく、今後も使ってもいいなって思うアプリでした。

まとめ

これ以外にも日々アプリは増えていることでしょう。色々試してみないと自分にとって使いやすいのは実際はわかりません。

そのため、今回の情報を一つの参考にして、ぜひ色々試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする