目が疲れてきたと感じた時の3つの解消法

スポンサーリンク

勉強しているとだんだんと目が疲れてきますよね。

それだけでなく、今はテレビ、パソコン、スマホなどを長時間見ることもあると思うので、目の疲れというのは死活問題だったりします。

私も眼精疲労がたまりやすいタチなのか、それとも単に目を酷使しすぎているのかわかりませんが、非常に目が疲れます。

しかも目の疲れって他の体の症状にも影響するので、早急に対処した方がいいです。

では今回はその対処、解消法について紹介します。

目の疲れはどうやって起こるのか?

病気によって目の疲れが出やすい場合もありますが、それ以外の部分について3つ見てきましょう。

矯正不良

近視、遠視、乱視、老眼などで視力矯正を行っている人に起こりやすい原因です。

まず、過剰に矯正をしてる状態。度が強い人のメガネを借りて見たことはありませんか?つけた瞬間すごくクラっときたり、外した後に目の疲れを感じませんか?

矯正が強すぎる状況では非常に目が疲れを感じやすくなります。日頃つけている人でも視力はその時の体調によっても少し変わることがあるため、いつもは問題ないけど、時々目の疲れを感じる人は若干度が合わない時があるのかもしれません。

あとは状況に適した度を選択することです。私の例ですが、仕事用と普段用で2種類の度のメガネを使っています。仕事ではPCを使うことも多いので、若干度を下げた方が目が疲れないので、疲れにくくなります。

眼球が動かないことによるストレス

次に目(眼球)をうごさないことも疲れを貯める原因になります。

例えば、「その場で1時間動かないで立つ」ことを想像してみてください。やって見るとわかりますが、動かないことって疲れます。

それは目も同じことです。

今ではスマホやPC画面など目を動かさずに一点をみ続けることも多いと思います。たまには窓の外を見てみたりして、目を動かしてみてもいいでしょう。

強い光

ブルーライトカットという言葉が広まっていますが、ブルーライトだけでなく、単に強い光もまた、目が疲れる原因になります。

これらの光は網膜にダメージを与えるため、長時間当たっていると目の疲れにつながるというわけです。

ひどい場合には、網膜が傷つき、最悪失明に至る場合もあります。

太陽を直接見ないとかは昔から言われていましたからね。

疲れ目の解消法

目の症状は最悪失明に繋がるため、ひどい場合にはすぐに眼科への検診をお勧めします。

今回は急にきた時の誰でもできる解消法について3つ紹介します。

目の体操

目の疲れの原因が目を動かしていないことであれば、目を動かしましょう。

1.目を意識的に閉じたり、開いたりする。

2.眼球をぐるぐるゆっくり回す(上下左右満遍なく)。

3.近いものと遠いものを交互に見る。

気がついた人もいるかもしれませんが、これらは視力アップにも繋がる目の体操です。実際視力落ちる原因の一つとして眼球運動の低下がありますから。ゆっくり体操して、目の筋肉を使って血流を良くすることで目を休めることができます。

また一時期流行ったピンホールメガネも眼球運動に役立つので、テレビを見ながら、ぼーっとしながら使って見るのもありですよ(長時間は疲れ目の原因になりますので、10分程度で)。

ストレッチ

目の周りの筋肉をほぐすことも大事ですが、体全体のストレッチで筋肉をほぐし、血流を良くしましょう。

その理由は、目の疲れの原因が首や肩の凝りが原因で起こることもあるからです。

確かに目の疲れが一番の大きな原因なので、それをほぐすのが効果的ですが、それとともに首や腰の筋肉もほぐすことでより効果的になります。

一般的な肩や腕、首のストレッチでも大丈夫です。もしヨガに興味があれば、そちらでも首回りを動かすことになるので、オススメです。

目薬

最後に目薬です。

私個人的にはあまり、薬に頼るのはどうかと思って、ほとんど目薬をさしたことがないのですが、最近使ったら、びっくりするほど効果があったので、こちらもお勧めします。

本当は涙を意識的に流せればいいのでしょうが、ドライアイの人や疲れ目の時にはなかなか出ないものです。

そんな時、目薬で水分を補給するのはありだと思います。

最後に

仕事や勉強何においても目は使いますので、疲れ目は早く解消したいものです。

今回は簡単にかつ、つぐできるものを紹介しましたが、疲れ目は体の疲労や寝不足が原因の場合もあります。

もし目の疲れを感じた際は可能であれば、十分な休息を取るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする