海も山も楽しもう!ケアンズおすすめ現地ツアー

スポンサーリンク

長期休暇を利用して、オーストラリアはケアンズシティに行ってきました。

ケアンズは日本から成田と関空から直行便で7時間、時差は1時間しかないので、比較的行きやすいところだと思います。

特に直行便はジェットスターしかありませんので、もちろん安いです(笑)

ケアンズシティ自体はあまり大きくないのと、自然遺産など回るにはツアー参加が条件のこともあります。

今回は私が参加したツアー及び同じツアーに参加した人たちの情報を元におすすめツアーを紹介します。

ケアンズについて知ろう

ケアンズシティとは?

引用:wikipedia

ケアンズはオーストラリア北東部の亜熱帯地域にある人口15万人の小さな街です。

ケアンズシティのビーチはクロコダイルが出るため、泳げませんが、海に出れば、有名な世界自然遺産「グレートバリアリーフ」が広がります。

また陸地にはこちらも世界自然遺産「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」に属するジャングルが広がります。

街は小さいですが、自然が豊富なため、雄大な自然を楽しんだり、自然を利用したアクティビティをするには絶好の場所だと言えます。

ケアンズは日本人が多い!?

はい、非常に多いですね。

私はGWの後半とそのあと少し伸ばして滞在しましたが、日本から直行便があり、時差もないことからGW最終日の朝までいる方が多かったです(その日の夜にびっくりするぐらい日本人観光客っぽい人がいなくなりましたから)。

またケアンズはワーキングホリデーでも人気の都市です。そのため、お土産やさんやナイトマーケットを始め、いろんなところで日本人がいるので、ぶっちゃけ英語話せなくても問題ありません。

英語の勉強目的で行くのにはあわないんじゃないかってちょっと思うくらいです(笑)

ツアーがオススメな理由

今回はツアーの紹介です。でも本当ならツアーなしでいきたいと思う人もいるんじゃないですか?

いや、私がそうなんですよ。

実際、ツアーなしで自分の足で行けるところもありますし、レンタカーを借りれば行けるところも多いです。

しかし、逆に世界遺産のため、現地ツアーでないといけないところもあります。

またツアーの良さは知識ある人たちがバスで案内してくれるため、安全かつ楽にいいとこどりできるのも利点ですね。

特にケアンズは亜熱帯の地域なので、危険な生き物も少なくありません。海に近い水辺にはクロコダイルがいるし、山やジャングルには毒ヘビがいます。

ちなみにケアンズにほど近い山には世界の最恐毒ヘビランキング2~4位が揃っているところもあります。

最後にケアンズへの格安ツアーで一般的なものが3泊5日(1泊飛行機)のタイプのため、効率よく回るのも大事ですね。

ツアー会社は日本語ガイド付きのところも多く、かつ内容も似たり寄ったりなので、調べて比較して見るのがおすすめです。

海のツアー

海は雄大なグレートバリアリーフを見るタイプです。泳げる人はぜひダイビングに挑戦するのがいいと思います。ダイビングはライセンスがあれば、ツアーでなくてもいいのですが、初めてであれば、ツアーで日本語OKの方が安心安全です。

ちなみにですが、遊覧飛行以外は海に入らないとしたら、結構時間を持て余してしまうので、ぜひ入ることをお勧めします。

遊覧飛行

一番お金がかかりますが、短時間で楽しむのであれば、これが一番です!

雄大なサンゴ礁を上から見ることができます。本当かよく見る空からの写真を実際に見ることができますよ!

コアラの形をしたコアラリーフやハートの形のハートリーフが見れるかもしれません。

ヘリで行くものとセスナで行くものがあります。

ミコマスケイ、フランクランド島

半日であれば、グリーン島も候補の一つですが、グリーン島は人も多く、少しサンゴも綺麗ではありません(グリーン島も世界遺産の一部ですが)。

もし1日使ってもいいのであれば、ミコマスケイかフランクランド島がおすすめ!

ミコマスケイ

白い砂浜で有名、大量に鳥が住み着いている場所でもあります。取り扱いのツアー会社はたくさんありますが、実施社はオーシャン・スピリット・クルーズのみのため、ツアーでしかいけません。

グリーン島よりもサンゴが鮮やかになるので、綺麗です。島は白い砂浜は綺麗ですが、それしかないので、ぜひ海に入ってそれを実感しましょう。

フランクランド島

こちらは一日100名しか上陸できない島になっています。ミコマスケイと違うのは海だけでなく、島も熱帯雨林が残り、楽しめるところです。

体験ダイビング

上記で紹介した島以外にもアウターリーフを楽しむ手もあります。

ダイビングライセンスを持っていない人はぜひ、体験ダイビングに挑戦してみましょう。

シュノーケリングだけでは楽しめない景色をダイビングなら楽しむことができます。また体験ではインストラクターもいるため、何かの時も安心です。

山のツアー

有名な観光列車やスカイレールもありますが、それ以外ツアーならではオススメを紹介します。

ラフティング

参加した人は一番良かったと皆さん口を揃えて言っていました(すみません私は参加していません)。

正直一番驚きました。

川から、雄大な熱帯雨林を見るだけでなく、激流でのラフティングはすごくスリルもあり、楽しいそうです。

水が豊富な雨季だけでなく、乾季もダムの放水を利用しているとのことなので、水の問題はありません。

海だけでなく、山でもウォーターアクティビティを楽しむならありですね。

動物体験ツアーまたはナイトツアー

どちらも動物体験ツアーは昼過ぎ、ナイトツアーは夕方からですね。レンタカーを借りたとしても、夜歩き回るのは難しいので、こちらはツアー参加がオススメです。

私も動物体験ツアーの方に参加して、とっても楽しかったです。

なぜ夕方からのツアーというと、オーストラリアで有名な動物カンガルーやワラビーをはじめとして多くが夜行性の動物です。

そのため、夕方以降の方が活発に動くようになります。

(動物園のカンガルーがいつ見ても、だらけている理由です)

この二つのツアーでは野生の、野生の生き物を探すため、必ずしもいつでも会えるとは限りません。それでもツアーでよく出会えるところに行ってくれるので、期待は大ですね!

私もカモノハシが観れた時にはちょっと感動を覚えました(笑)

まとめ

ツアーのいいところは自分では行くのが難しいところでも効率よく回れるところです。

自分で行けるところは自分で行きつつ、楽できるところはツアーで行ってぜひ楽しんでください!