オーストラリア観光ビザETAS申請は代行サービスがおすすめ

スポンサーリンク

初めてオーストラリアに旅行しに行った時、オーストラリアに行くにはビザを取得する必要があると旅行会社の人に言われて初めて知りました。

ビザにも種類がありますが、今回は観光ビザに絞って申請の方法を紹介します。

申請方法には大きく3つ

  • 自分で申請する
  • 旅行会社を通じて代行してもらう
  • ビザ申請代行サービスを利用する(おすすめ!)

オーストラリア観光ビザとは?

この観光ビザのことを「ETAS」と言います。

ETASは「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM」の略で、直訳すれば、「電子旅行許可システム」となります。

電子的に申請、チェック、登録、通知が行われてため、通常のビザ申請と比較してもだいぶ楽です。

また入国時にもパスポートの番号から、自動的にビザの申請の有無をチェックされるため、申請した書類を持って行く必要もありません。

通常観光する際に申請するのは観光ETAになります。

これを申請することによって

  1. 申請から3ヶ月までの滞在が可能
  2. 有効期限内であれば、一回の申請で何度でも渡航可能

になります。

申請資格としては以下のようになります。

  • ETAS対象国籍のパスポートを所持
    対象国籍:日本、韓国、アメリカ合衆国、カナダ、シンガポール、香港特別行政区、マレーシア
  • 訪問目的が、「観光」「親族訪問」
  • 3ヶ月以内の滞在
  • 健康であり犯罪歴がない

これを満たしていない場合は、他のビザの取得が必要になります。詳細は在日オーストラリア大使館のHPで確認してください。

ESTAの申請方法

申請方法は冒頭で紹介しました通り3つあります。それぞれ紹介します。

自分で申請する

自分でオーストラリア政府移民局のHPにアクセスし、そこから申し込みます。

HPは日本語にすることが可能ですので、英語がわからない人でも大丈夫です。

申請料金:$20(例:1$90円の時、1800円)

支払い方法:クレジットカードのみ

旅行会社を通じて代行してもらう

多くの方がツアーで航空券+宿泊+αで旅行を手配する場合が多いのではないでしょうか。

その場合はツアー会社に申請を代行をお願いすることができます。

基本的には大手の旅行会社では行うことができると思います。

私が旅行で利用したJTBでは可能でした。店舗にパスポートを持っていけば可能なようです。料金は$20+αです。

私が聞いたときは2500円くらいでした。

ビザ申請代行サービスを利用する(おすすめ!)

私は最終的にVIEW GRANTさんの代行サービスを利用しました。

ビザ申請代行サービスを利用する利点は値段の安さと、大手旅行会社と比較すると早いことです。

VIEW GRANTさんを使いましたが、手数料込み430円でしたので、自分で申請するよりも1/4以下の出費ですみました。

支払い方法もクレジットカードの他にPaypal、銀行振込も可能です。また急ぎでお願いすれば、少し高くなりますが(それでも自分で申請するより安い)当日に申請を完了することもできます。

安いので初めは不安でしたが、何の問題もなく申請できました。

以下に代表的なサービスを記載しますので、参考にしてみてください。

代行サービス名

まとめ

オーストラリア旅行には観光ビザETASの申請が必要です。

自分で申請することも可能ですが、なぜか代行してもらった方がかなり安いので、検討してみては如何でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする