集中力アップも期待!?勉強に疲れた時の5つのリフレッシュ法

スポンサーリンク

勉強は頭を使うので、とっても疲れますよね。

それでけでなく、勉強は座ってすることが多いので、長時間同じ姿勢をしていると体は疲れていきます。

疲れた状態での勉強は集中力も途切れやすくなるため、あまり効率がいいとは言えません。

今回は勉強によって引き起こされる疲労とその簡単なリフレッシュ方法について紹介します。

勉強の疲れはどこから来るのか

体を動かさなくても勉強すると疲れを感じます。

この疲れはどこから来ているのか、それは「」と「姿勢」です。

脳の疲れ

勉強する時は頭の中の脳でエネルギーを消費しましす。それよって、新しいことを覚えたり、記憶を定着させたり、演算したりしています。

実はエネルギーが減ると、これ以上体に無理をさせないために疲労を感じるようになっているのです。

エネルギーは、糖など体内にある物質を分解して取り出します。しかし勉強などをしたことによって糖が減ってしまい、早急に作れるエネルギーの量が減ってしまうのです。

また、新しいことを覚えるということは脳にストレスを与えます。

それもまたストレスの蓄積も疲れとして出て来るのです。

同じ姿勢をとることによる疲れ

【疲労軽減】長時間移動の疲れの原因と6つの対策
旅行や出張など、いろんな場面で長距離移動することがありますよね。 新幹線、飛行機など、移動手段も様々です。 ...

長時間同じ姿勢をとる長時間移動の時と理屈は同じです。

勉強で長時間座っていると腰や背中にダメージが蓄積するため、疲れてしまうのです。

短い休憩時にできる簡単リフレッシュ法

紹介する方法は本当に簡単な方法で、誰もが無意識的にもやったことがある方法になります。

特に学生時代は休み時間によくやったことがあるんじゃないか、と思います。

ストレッチ

長時間座って血行が悪くなると凝りの原因になります。

ストレッチでしっかり伸ばすことが効果的です。

ラジオ体操のような体操でも数分で大分伸ばせます。

こちらの動画の方法を試したところ、首の凝りはかなり解消できたのでオススメです。

歩く

長時間移動の時にも紹介しましたが、歩くことはとても効果的です。

休憩時間にトイレに行くだけでも構いません。

家の中や仕事場、勉強しているスペースからちょっと歩くだけでも構いません。

またちょっと外に出て周囲を散歩すれば、気分のリフレッシュにもつながります。

糖分の補給をする

疲れた頭にはぜひ糖分を補給しましよう。

一番効率がいいのは、ブドウ糖です。

ブドウ糖自体も売られていますが、より安いのはラムネ菓子です。

ラムネはほぼブドウ糖でできていますよね。

それから砂糖が含まれているものです

チョコレート」がおすすめです。

あくまで糖分の補給なのでラムネやチョコレートなど小分けでサッと食べれるものがオススメです。

人と立ち話をする

学生の頃は授業と授業の間の休み時間になるとよく、立ち話をしたこともあるでしょう。

立つことは座っているよりも血流の改善の面で優れています。

また勉強中は静かに黙っているとやはりストレスの原因になるため、友だちと話すことによって声を出すだけでもストレス発散につながります。

笑顔になる

最後は「笑顔」です。

笑顔は顔の表情筋を使用するため、勉強中表情がなくて疲れたとしてもそこで血流改善を図ることができます。

またそれ以上に笑顔は非常にストレスの発散効果が高いです。

4つ目の話すと一緒にすれば、効果はより高まります。

まとめ

勉強は脳を目一杯働かせるために疲れます。そして同じ姿勢も疲れの原因になります。

疲れている状態では集中力も上がらず、勉強の効果も下がってしまいます。

ぜひ、小休止を入れて、心も体もリフレッシュして、勉強に集中できるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする