【生き物から人生を学ぶ3】好機をじっと待ち、一点突破するイリエワニの生き方

スポンサーリンク

「生き物から人生を学ぶシリーズ」第3回目はイリエワニです。

イリエワニはクロコダイルの一種です。そして世界最大級のワニです。

日本ではいろんな動物園で見ることができます。

日本には生息していませんが、過去には沖縄や奄美では目撃されたことのある動物なのです。

今回はそんなイリエワニの生き方について紹介します。

イリエワニの生態を学ぶ

東南アジアに生息するイリエワニ

イリエワニはインド南東部からオーストラリア北岸部に跨がる東南アジアの熱帯、亜熱帯地域に生息しています。

イリエワニは名前のように入江やマングローブ林などの淡水と海水が混じり合う汽水域に生息します。

特に淡水でも海水でもいきられる点が他のワニとも大きな違いであり、中には海流に乗って他の島に移動することもあります。

日本での目撃例はおそらくこの海流に乗って流れ着いたイリエワニだろうと言われています。

世界最大級!あっと驚くイリエワニの大きさ

イリエワニは世界最大級のワニです。

実際にはオスの大きさは4~7mほど、体重は200~1000kgです。

ちなみにメスはオスに比べると小柄で、2~3mほどです。

大きさは生息地や環境により誤差がありますね。

フィリピンで捕獲されたイリエワニの「ロロン」は「捕獲されたイリエワニの中で最大のサイズ」としてギネスブックに載っています。

このロロンが体長6.17メートル、体重1.075トンです!

なんという大きさでしょうか!

大きさについてはこちらのサイトが詳しいので紹介します。

大きさだけじゃない!?生態系の頂点に君臨するイリエワニ

イリエワニが恐ろしいのは大きさではありません。

その噛む力の強さにこそ秘密があります。

イリエワニの噛む力は「260kg/cm2」です。

これだけじゃ、何がなんだかわかりませんよね。

ちなみにヒトは「12kg/cm2」、シリーズ第1回で出てきたライオンは「70kg/cm2」です。

【生き物から人生を学ぶ1】いざという時にプライドを見せつけるアフリカライオン
今回から始まりました「生き物から人生を学ぶシリーズ」第1回目は百獣の王ライオンです。 子供から大人まで人気のあ...

なんと、イリエワニはヒトの20倍、ライオンの4倍もの噛む力を持っているのです。

しかもイリエワニはとっても攻撃的で、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類、昆虫類などどんな生き物の肉も食べてしまうのです。

先ほど出た「ロロン」も地元の人を食べた人食いワニとして捕獲された個体だったのです。

イリエワニはこの力強い噛む力を武器にすると同時に、隠密行動を行います

これがイリエワニの恐ろしいところです。

静かに獲物のそばまで近づき一瞬の隙に噛み付きます。噛む力が非常に強いため、獲物は逃げることができず、そのまま水の中に引き込まれて窒息させられてしまうのです!

さらにイリエワニは尻尾を巧み使って水の中からジャンプすることも可能なため、鳥も捕まえることができます。

このように隠密性と力を持ち合わせたイリエワニは、生態系のトップに君臨しており、ヒトにとっても脅威になるのです。

※以前訪れたオーストラリアのケアンズではイリエワニが出るために、ビーチは使用できず、代わりに人工海水プールが無料で存在していました。

最恐最強の狩人!イリエワニの生態から人生を学ぶ

一点突破の武器を磨くこと

イリエワニは海水でも大丈夫だったり、尻尾を使ってジャンプしたりと行動が結構できると思われますが、実際は変温動物のため、普段は日光浴をしたりと動かないことが多いです。

しかし、生き残るためには獲物を狩らなくてはいけません。でもイリエワニは早く走りませんし、泳ぎもそこまで早くはありません。

そこでイリエワニは進化の過程で「噛む力」という武器として特化させたのです。

噛む力が強いおかげで、一度捕らえた獲物は逃さず、狩の成功率を上げているのです。

これは人が専門性を磨くのに通ずるものがあります。

どんな仕事であれ、「その人しかできない仕事」、「その人に頼めば間違いない仕事」があるのではないでしょうか。

例えば、職人さんはわかりやすい例です。

その人の持つ強み、その人だから持つ強みはどんなことであれ、磨けば磨くほど輝きを増し、影響力が上がります。

営業で鍛えた会話力で、その会社で出世することもできれば、会話のインストラクターもできるでしょう。

勉強の方法を極めるだけでも、誰にも負けない力になります。

企業においてはなんでもできるようなゼネラリストは評価されます。でも同時に何かに特化したスペシャリストもまた離したくない人材になるのです。

あなたの持つ強み、強めたい分野を見直して、自覚するとより伸ばすことにつながります

いつかのために武器を磨く

イリエワニの噛む力はすごいです。

ですが、いつでもその武器を使うわけではありません。

獲物を狩るその一瞬に全ての力を掛けるのです。

狩の一瞬に力を蓄えるため、普段は力を振るいません。狩の時も隠密に、気付かれずに動きます。

そしてここぞという時に、一気に動いて獲物を仕留めるのです。

あなたが持つ能力や得意なことは必ずしもいつも役立つとは限りません。

それどころか、合わない時に使っても体力を消耗するだけです。

それでも大事なのは必要な時に全力を出せるように、準備しておくことです。必要な時がいつ来るかわかりません。しかし、その時を逃すことはしたくない。

ならその武器を常に磨き、必要な時に発揮できるようにしておくのです。

それがチャンスを逃さなず、つかむことにつながるのです。

まとめ

イリエワニは「噛む力、隠密性」によって、生態系の頂点に君臨しています。

私もみなさんも、イリエワニのように自分の強みを見つけ、強みを発揮することで望む未来を掴んで離さないようにしてほしいな、と思います。

誰でもイリエワニなんかに負けないバイタリティを持っています。

今は気づいていないかもしれませんが、持っている強さで成功し、わになって喜べる日を祈っています。