【勉強方法】効果的な蛍光ペン活用法

スポンサーリンク

みなさま、学生の頃の勉強や社会にでてからの勉強においても蛍光ペンは使っていますか?

もし使っているとしたら、何色使っているでしょうか。

本ブログにおいても、重要な点は蛍光ペンで塗った時と同様に黄色く目立たせています。

蛍光ペンを利用すると、重要な点がすぐわかるので、とっても便利ですよね

しかし、使い方を間違えると、線を引きすぎて重要な点がわからなくなったり、重要な単語しか言えなくなり、その周りの情報が見えなくなってしまう場合があります。

今回は、そんな蛍光ペンを使った勉強法について考えていきます。

蛍光ペンを使った勉強法は意味がない!?

蛍光ペンを使う人は結構多いのではないかと思います。

私も大学受験まではそこそこつかっていましたが、現在はほとんど使っていません。

その話を交えつつ、考えていきましょう。

蛍光ペンを使用したところで勉強の効果は低い?

蛍光ペンで引くことは勉強の助けにはならないこと、また逆に読む時に妨げになってしまうという話があります。

実は意味がなかった勉強法!蛍光ペンは時間のムダ

例えば、黄色の蛍光ペンで一文を引いたとしましょう。

その文は黄色塗られているので目立ちます。しかし、頭に入りやすいとは限りません。また他の文を読む時にその色が目に入り、読もうと思っていた文がよみづらくなってしまいます。

引きすぎるとなにが大事かわからなくなる

重要な部分と思ったら、すぐに蛍光ペンで引いたり、付箋を貼ったり、そのページを折り曲げたりする人っていますよね。

以前、電車の中で勉強している学生の教科書の半分以上がカラフルな蛍光ペンで線が引かれているのをみてとてもびっくりしたことがあります。

線を引きすぎると、重要な点がどこなのか逆にわからなくなります。そうでなくても全てが重要だと思って線を引いたところなので、覚えるだけでも大変に思うかもしれません。

このように重要な部分がわからなくなってしまうのであれば、線を引いた意味がありませんね。

テキスト、教科書は実はよくまとまっている

線を引く前にぜひ教科書やテキストをしっかりみてみましょう。

重要な単語が太文字になっていたり、最初や最後にまとめがあったりしますよね。使い勝手は人それぞれなので、同様の効果が得られるとは限りませんが、テキストの作成者も読者が読みやすく、重要なところがすぐ見えるようにしているものです。

だってそうしなくては買ってもらえないからです。

そのため、初めからわかりやすくなっているわけです。そのため、そこにさらに蛍光ペンで塗る意味はほとんどありません。

でも重要だからと上から塗る人は多いんではないかと思います。

蛍光ペンを最大限活用する方法

ここまで蛍光ペンが必ずしも勉強効果があるとは限らないことを紹介しました。

ではなぜ、そのようになるのか?その問題点は大きく3つあります。

  • 重要なところを知る前に重要そうなところに線を引いている
  • 線を引きすぎ
  • 線を引くルールが曖昧

事前に内容を把握する

蛍光ペンですぐに線を引いてしまう人は、おそらく事前にそのテキストや教科書を読んでいないのではないでしょうか。

必要ではないところも線を引いているため、後から見るとどれも重要で覚えるのが億劫になってしまいます。特に蛍光ペンは消せないので、最初の判断ミスが大きく影響してしまうのです。

ここで問題なのは恐らく自分の判断ではなく、人の判断によって引いていることが考えられます。

例えば、授業などを聞いて引く場合ですね。

事前に読んでいれば、その他の人の判断も踏まえて考えることができたのに、それをしないためにこのようなことが起こるのではないかと思います。

蛍光ペンは最小限に

あれもこれもひくのではなく、最小限にとどめることで本当に大切なところだけに引くのがオススメです。

例えば、新聞のような媒体では、重要点を太くしたりしていません。そのため、蛍光ペンで引くことで目立たせる価値はあります。

しかし、普通のテキストは重要点を目立たせているので、必要ありません。
要するに本当に必要なところ、特に単語やキーワードだけに線を引き、線を引いた周りも同時に読む意識を持つこと大切です。

線を引くルールを決める

重要度によって色を分ける方法です。

この場合は多くても2、3色に留めましょう。

いろんな色でカラフルなのは綺麗に見えるかもしれませんが、後から見るとどこが重要なのかわからなくなってしまいます。

さらに色を多用しすぎると単純に読みにくくなります。

そのため、重要度によって色を分けるなど、どの色をどのタイミングで使うか自分なりのルールを決めること、そして多くても2、3色にすることで見やすくしていきましょう。

まとめ

私はテキストを何度も勉強法をよく行なっています。

この時、蛍光ペンを引いていると引いているところのキーワードしか頭に入って来なかったと言う経験があります。

そのため、あえて蛍光ペンを使用せずに、どの情報にも偏りなく読むことができるようになったと思います。太文字はそこまで気になりませんが、カラーはそこ以外が見えなくなってしまいますから。

それでも使うのであれば、やはり有効に使えるようにやり方やルールを決めておくことが必要なのだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする