まとめノートは必要ない!記憶に残る書きなぐり勉強法 | つむぎログ

まとめノートは必要ない!記憶に残る書きなぐり勉強法

スポンサーリンク

勉強と言えば、テキストを読みながら、重要なところをわかりやすくノートにまとめていく、そんなイメージはありませんか?

私も高校生ぐらいまでそんな勉強方法を行なっていました。

でもまとめノート作るのに時間はかかるし、大変なんですよね。

働いている人にはまとめノートを作るために、時間をたくさん取るのは難しいです。

なら、効率よく勉強していきたいですよね。

まとめノートを作ることが勉強に役に立たない5つの理由

まとめノートは時間がかかる

資格や語学、どんな勉強でも、テキストは膨大な量があります。

例えば500ページのテキストがあったとして、それをまとめるノートを作るののに何時間かかるでしょうか?

  1. まとめるぐらい理解する
  2. ノートに書き写す
  3. 綺麗にまとめ、後から見返せるようにする

まとめノートを作るとしたら、このような流れかと思いますが、これを短い時間で行うことができますか?

例えば、2ヶ月後に資格試験としたら、このノートを作っているうちに1ヶ月近くを使ってしまいそうな気がします。

こんなに時間がかかると途中で挫折してしまいます。

それなら問題演習に使った方が絶対にいいです。

時間がない働いている人なら尚更、勉強は効率よく行いましょう

まとめノートは単なる作業になる

まとめノートを作るにはしっかりした理解が必要ですし、ノートに書き写すため、それなりに記憶には残ります。

しかし、作るとき、その先の問題のことを考えているでしょうか。

さらにまとめノートを作るのが上手い人ならともかく、苦手な人はテキストの内容をなんとなくノートに書き写してまとめます。

すると書き写すこと自体が作業になってしまい、何も考えなくなってしまいます。

まとめノートを作ることで満足してしまう

そして、作業に感じるほど、ノートができた時に満足できるでしょう。

でも、それで満足して本当に大丈夫でしょうか?

まとめノート作りはまだまだ勉強の始まりにしか過ぎません。

ここで満足しては、次に進めず、効果がなくなってしまいます。

まとめノートを後から見返しますか

私も昔はまとめノートを作りました。

でも、はっきり言って、そのノートを真面目に読み返して、勉強に活用できたかと言われれば、できなかったと答えます。

作ったことに満足してしまうと、見返さなくなってしまうんですよね。

しかも見返すと、だいたい分かるから、勉強しなくなってしまいます。

このような慢心は勉強をさせなくする敵です

テキストの方がまとまっている

【勉強方法】効果的な蛍光ペン活用法
みなさま、学生の頃の勉強や社会にでてからの勉強においても蛍光ペンは使っていますか? もし使っているとしたら、何色使って...

テキストや教科書はすごくよくまとまっています。特に売れているものなら尚更わかりやすいです。

これは読んだ人が読みにくいテキストほど、悪いレビューが残り、書店でも売れ残って再販をしなくなります。

つまり、今売られている本というのは、新しい本か売れている本なのです

テキストも同じです。

ずっと売れ続けるほど、読みやすく理解しやすい内容になっています。

なら、わざわざまとめノートを作らなくても済むのです。

勉強の効率を上げるノートへの書きなぐり法

じゃあ、ノートを使う必要はないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

まとめるノートは入りません。

でも書き捨てる、書き殴るものとしてノートは活用できます。

「書く」ことで、記憶に定着させる

手書きで書くことは脳が活性化し、記憶の定着が良いことが昔から知られています

この話はデジタル技術が進んだ現代においても同じです。

実際に、授業においてパソコンでノートを取った人と手書きでノートに書き写した人では、手書きの方が記憶に定着していたという実験結果が出ています。

つまり、今も昔も変わらず、「ノートに書く」という行為は効果のある勉強法なのです。

汚くても、見難くても、どんどん書くこと

書くことが記憶の定着に意味があるのに、なぜ「まとめノート」は役に立たないのか?

それは「時間がかかることで忘れてしまうため」と「1回しか書かない」からです。

いくら書くことで記憶の定着が良くても一回で全て覚えることができる人間はいません。

ならテキストを参考に何度も書き写した方が効果が高い!

すでにテキストという綺麗にわかりやすくまとまった教材があります。

なら、もう綺麗にまとめる必要もなく、汚くても見づらくてもいいから、どんどん書いていきましょう。

そのスピードが速いほど、何度も繰り返すことができるので、記憶の定着はより良くなります。

まとめ

まとめノート作りは覚える内容が少ないのであれば、まだ使えるかもしれません。

しかし、まとめノート作りは時間がかかります。

それは働いている人にとっては致命的とも言える欠点だと思います。

そのような「まとめノート」を作るの時間を使うのではなく、どんどん問題演習などで繰り返し覚えていくことをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする