【自己分析】9つの性格に分けるエニアグラムで、悩みや対人関係を改善! | つむぎログ

【自己分析】9つの性格に分けるエニアグラムで、悩みや対人関係を改善!

スポンサーリンク

世の中にはたくさんの性格診断ツールや占いのようなものまでたくさんあります。

過去に何度かやったこともあるんじゃないでしょうか?

「動物占い」が流行っていたり、六星占術とか流行っていた時代もありましたので、その頃はよくやったものだなぁ、と少し感慨に耽ることもあります。

さて、今回紹介するのは「エニアグラム」というものです。

昔からある診断方法のため、既にご存知の方もいると思います。

私は最近、初めて行ってみたんですが、あまりにも当たっており、既に欠点として思っていた部分もガッチリと射止められてしまいました。

そのため、これはエニアグラムの結果をもとに改善しようと思ったという経緯があり、今回紹介いたします。

9つのタイプに分けるエニアグラム

私はこの本を通して知りました。

日本エニアグラム学会でも簡易タイプ診断ができるのでぜひやってみてください。

簡易タイプ診断:日本エニアグラム学会

エニアグラムとは

「エニア=9」「グラむ=図」を意味します。

もともとエニアグラムとは「円の中にある9つの点を結ぶ図形」のことです。

そんな図形が元となっているのですが、この図形、古代ギリシャやエジプトの頃からあり、万物の象徴とされていました。

それが1960年代ごろ、その図形を利用した性格診断論ができ、1970年以降アメリカの心理学、精神医学者に注目されてきたものです。

9つのタイプ

  1. 改革する人(良識的で理想主義のタイプ。高潔。きっぱりした。自己抑制的で、完全主義者。)
  2. 助ける人(思いやりがあり、人間関係を重視するタイプ。寛容。気持ちを表現する。八方美人。所有欲が強い。)
  3. 達成する人(成功志向で実際的なタイプ。適応力がある。卓越している。強迫観念に駆られた。外面を気にする。)
  4. 個性的な人(繊細で引っ込みがちなタイプ。表現力がある。ドラマティック。自己陶酔的。気まぐれ。)
  5. 調べる人(真剣で知的なタイプ。洞察が鋭い。革新的。秘密主義的で、孤立する。)
  6. 忠実な人(真剣に関わる、安全志向なタイプ。愛嬌のある。責任感が強い。心配性で、疑り深い。)
  7. 熱中する人(活動的で、面白いこと好きなタイプ。自発的。多芸多才。欲張りで、注意散漫。)
  8. 挑戦する人(パワフルで、仕切るタイプ。自信に満ち、判断力に富む。強情で、対決的。)
  9. 平和をもたらす人。(のんびりしていて、控えめなタイプ。受容的。安心させる。周りに合わせる。自己満足的。)

図形がもとにこの割り振りがあるため、線の結ぶ方向であなたの足りないものや伸ばしていく方向性、また円のどこに点があるのかによって本能、感情、思考のどのパターンを優先しているのかがわかるという方法です。

ここでは簡単に紹介までなので、上記で紹介したページでぜひ、診断して性格を確認してみてください。

エニアグラムはビジネスにも使われる!?

エニアグラムは既に、ビジネスマンのためのコーティングや研修等にも使われることがあるようです。

その理由は3つ

  • 自己成長に繋がるから
  • 対人コミュニケーション能力を上げるから
  • 他者成長を促すことに繋がるから

つまり、ビジネスにおける自分の成長やそれだけでなく、部下や後輩の成長促進にも使える可能性があるというわけです。

エニアグラムを紹介したわけ

さて、上記のように簡単にエニアグラムを紹介したわけですが、今回紹介した理由として、冒頭でも書いた通り、私自身の性格が当てはまりすぎていたのと、それを改善して成長したい気持ちがあったからです。

つまり、決意表明も兼ねてい流、ということです。

私のタイプ

私のタイプは「タイプ5」でした。

つまり、「調べる人」であり、知性や洞察力に優れているのです。

ここだけ見れば、すごく嬉しいです。うれしかったです。

でも続くのが、「一歩下がったところから客観的に見るため、秘密主義や孤立しやすい」とあったのです。

そしてその原因が「感情を切り離しているから」とのことでした。

まさにその通り過ぎて、本当にびっくりしました(笑)。

実はこのブログについてもちょっと迷っていたことがありました。

それが「いろんな情報を整理してまとめるのは非常に楽しい反面、うまく自分の感情や気持ちを表現できず、ちょっと冷たい」と感じて、どうしたら直せるのか考えていたからです。

それに「恋愛ごとがうまくいかないのも、感情を切り離して考えてしまうから」なんだと気付かされた気がします。

私の決意とこのブログの今後

タイプ5の私が見習うべきは、タイプ8「挑戦する人」です。つまり、自信を持ってパワフルに動くことです。

以前から挑戦についてはすごく強い憧れがありました。実際トライアスロンに挑戦したのもそこからでしたが、あくまでそれも個人競技で、チームにも所属し、全ての責任を自分で取れる小さな範囲でしかありませんでした。

そのため、今後は自分の感情を意識して、もっと自分らしく表現し、それを自信を持っていきたいな、って思っています。

つまり、自分をさらけ出すということです。

動物やアニメが好きなのももっともっと出していこうと思います。

さて、そのため、このブログも主軸である「学び」はありますが、もっともっと感情を出して、情報の羅列ではなく、経験や学びをもっと伝えられるようにしていきたいと思います。

最後に

まだまだ文章だとしても、感情と向き合うのが本当に苦手なんだなって思います。

でもどんどん出して成長したいと思います。

またそれをブログに書くことで、皆さんの成長に繋がっていけるよう頑張ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする