【生き物から人生を学ぶ】家族を守り、リーダーとして活躍するタイリクオオカミ

スポンサーリンク

オオカミって聞いて、どんなイメージですか?

「生き物から人生を学ぶシリーズ」

このシリーズでは、生き物(主に動物)の形態や体の仕組み、生態と行った生きていく上で進化した生き様に着目して私たち人、そして人の社会に役立つことを紹介するシリーズです。

イメージできましたか?

「赤ずきんちゃん」をはじめ、童話の中では悪役として出てきます。

なので、悪いイメージが最初に沸く人もいるかもしれません。

他には「一匹狼」って言葉を思い浮かべた人もいるんじゃないですか?

これらの想像は実際のオオカミとはかなりかけ離れているんです。

で実はオオカミは群れですごくし、とっても家族想いなんです。

なんて言ったって一夫一妻制で、子育ても家族で一緒でなんですよ。

今回は、オオカミの悪いイメージを払拭して、家族愛溢れるオオカミの生態から学んでいきましょう。

タイリクオオカミの生き方から学ぶ

オオカミの概要

イヌ科で最大の動物がオオカミです。

そんなオオカミ、実は現在はたったの1種なんです。

オオカミには

  • タイリクオオカミ(ハイイロオオカミ)
  • アメリカオオカミ
  • コヨーテア
  • ビシニアジャッカル

という名前のオオカミがいます。

日本にもすでに絶滅していますが、ニホンオオカミがいました。

しかし、これらのオオカミ、交配が可能なんです。

なので、分類上は種として分けてはおらず、種の中の亜種として分けられています。

つまり、オオカミは亜種はいるけど、根本は1種類しかいないということです。

タイリクオオカミの生息地

タイリクオオカミは、北半球の多くの地域に生息しています。

オオカミっていうと少し寒い地域の森にいるような印象ってありますよね。

でも実際には、そういった場所の他に

  • ツンドラというさらに寒い地域
  • 草原地帯
  • 山岳地帯

と、いろんなところに生息します。

これはタイリクオオカミが餌を求めて移動するため、

一つのところに留まることがほとんどないからです。

パックの形成

一匹オオカミなんて言葉があります。

でも実際にはタイリクオオカミは群れを形成する動物です。

具体的には約8頭ほどの群れ(パック)を形成します。

※イヌ科の群れのことをパックと言います。

子育て時期だともう少しパックの数も大きくなります。

パック内のオオカミたちは何をするにも、いつも一緒です

狩り、巣作り、子育て、縄張りの監視も一緒に行います。

パック内ではコミュニケーションが活発です。

ボディランゲージ、表情、吠え方など様々な方法でコミュニケーションをとっているんです。

リーダー(アルファ)制度

パックにはリーダーが存在し、このリーダーのことをアルファと呼びます。

パックの中で最も強いオス、メスのペアがアルファとなります。

アルファは群れのリーダーです。

つまり、

狩りをする時には、自分のいい姿を見せます。

巣作りも場所を決めます。

パックを良い方向に導く大切なリーダーなのです。

一夫一妻制

そしてアルファのオスメスのペアはパックで唯一、繁殖行為を行うことが許されます。

1年に1回、1回につき3〜4頭の赤ちゃんを産みます。

このようにタイリクオオカミのパックの中では、

アルファは群れのリーダーであり、家族を増やす役割があるのです。

動物には以前紹介したオシドリのように繁殖時期に備えて相手を取っ替え引っ替えすることもありますが、タイリクオオカミは一生と添い遂げると言われています。

【生き物から人生を学ぶ】本当に生涯共にする夫婦なのか!?オシドリの生態に迫る
「生き物から人生を学ぶシリーズ」 このシリーズでは、生き物(主に動物)の形態や体の仕組み、生態と行った生きていく上で進...

タイリクオオカミの生き方から人生を学ぶ

リーダーは集団を率いる強い立場

タイリクオオカミはパックのアルファになると、

群れで唯一、生物が持つ最も大切な役割である「繁殖」を行うことができるというメリットがあります。

自分の子孫を残せるわけですから、そのメリットは私たちが思っている以上にとっても大きいです。

その反面、パックを導き、パックの安全を守るという責任を負います。

メリットがあるからこそ!アルファは責任に立ち向かうことができます

そしてその責務全うしてこそ、アルファで居続けることができ、繁殖を行うことができるのです。

つまり、アルファとして集団を導き、リーダーとして教えたり、安全を守ったり、することは最終的に自分のためになるのです

チームや組織のリーダーと同じではないでしょうか。

リーダーは給与など待遇が良いと同時に仕事により責任を持ちます。

でも、チームや組織の安全、教育などメンバーが動きやすい状態や環境を作ることができれば、成果は必ず上がってきます。

「情けは人の為ならず」というように、メンバーのために行ったことが最後には自分の成果につながり、より評価されるでしょう。

一人の相手を愛し続ける

アルファのペアは生涯添い遂げます。

それを実現する理由は3つあります。

  • 一生愛し合うこと
  • コミュニケーションを頻繁に行うこと
  • 格好いい姿を見せること

オオカミのリーダーはかっこいいです。

さらに一生添い遂げるなんて、さらに素敵ではありませんか?

大切なものは群れもありますが、それ以上に相手のことを思う、それを忘れてはいけませんね

子育ては家族で行う

アルファは繁殖ができ、リーダーとしての群れをすごく大切にして居ます。

そのリーダーとして群れを大切にする結果、子育てという段階になるとパックの仲間たちが一緒に子育てをします。

アルファが群れを守ることで、群れの他の仲間が「子育てを手伝ってくれる」のです。

つまりアルファはただ単なるリーダーではなく、家族のリーダー、つまり父親的な存在です。

大切に思ってくれた人には、返してあげたいですよね。

つまり、家族として大切に思ってくれてるからこそ、家族は新しい家族のことを無視せず、大切に一緒に育てていくんだと思います

最後に

オオカミといえば、悪い印象ですが、実はとっても家族想いないい動物なのです。

オオカミのアルファのリーダーとしての素質、そして必要な時には手を差し伸べてくれる家族への愛これがとても大切だと感じました。

ぜひ、リーダーとして、家族として幸せを掴んでいきましょう。