休日になるボヤンリしてしまう人でも、やる気をすぐに出せる15の方法

スポンサーリンク

平日は、次の休みはあれやりたいな、勉強したいな、・・・なんてあれもこれもやりたいと思いませんか?

私もよく思います。

でも、実際に休日になると、ダラダラ過ごして時間を無駄にしてしまった!って後悔したことはありませんか?

そんな後悔が起こらないようにするためにやる気を出す方法を紹介します。

やる気を出す方法概要

やる気を出す方法は大きく分けて3タイプあります。

  • 小さなことから始める
  • 気分を変える
  • やる気のスイッチを作る

この3タイプに分けて紹介します。

ぜひ、この中でできそうなものを見つけてください。

小さなことから始める

やる気がない時、いきなり大きなことをするのは大変です。

そこでまずは小さなことから始めましょう。

簡単にできることをやったあとは、「さぁ次はあれをやろう!」と本当にやりたいことができるかもしれません。

片付けをする

  • 机の上を綺麗にする
  • 本棚の本を整理する   など

身近で、簡単にできそうなものから、やって見ましょう。

机の上を綺麗にすることなら、やる気がない時のあなたでも簡単にできます。

体は動き出せば、やる気も出ますので、まずはちょっと動いてみましょう。

掃除をする

もし少し動けそうなら、部屋の掃除をしましょう。

部屋が汚れていたら、何かする前にそれが気になって仕方がありませんよね。

そう思うならまず、それをやってみましょう。

何も掃除機をかけなくても構いません。

目の前に見えるゴミやホコリをゴミ箱に入れるだけでも構いません。

軽く棚を拭くだけでもいいでしょう。

休日でも朝起きたら、すぐ着替える

休日やる気の出ないあなたはいつまでも寝間着のままでいるんじゃないですか?

寝間着はリラックスするための服です。

そんな服の状態でやる気が出せる人はこの記事を見ていないでしょう。

例え、家族の前でも、一人暮らしでも着替えるだけで、ちょっと気分も変わり、動き出す準備になります。

ついつい休日に寝間着でゴロゴロしてしまうなら、ぜひ着替えてみましょう。

教科書、テキストを開く

勉強がやりたいあなたは、まず教科書を開きましょう。

やる気が出ない時ってついつい教科書やテキストに手が届きませんよね。

でもちょっと教科書を手に取り、開くだけで構いません。

まずはそこからやってみてください。

せっかく開いたんだから、少しだけと進めてしまいますよ。

今日やりたいことを書き出す

そもそも今日やりたいことが決まってないんじゃないですか?

決まってなければ、やる気なんて出す必要がありません。

ってことは何もやりませんよね。

つまり、やる気が出ない時は単にやることが決まっていないからかもしれません。

そんな時は手帳やノートにやりたいことを書き出し、今日やることをピックアップしてみてください。

やることが決まれば、案外簡単に動けるものですよ。

気分を変える

平日は仕事があってメリハリがつくけど、休日は動けない人は、休日でも動けるように気分を変えてみましょう。

冷たい水で顔を洗う

夏でも冬でも朝目が覚めたら、冷たい水で顔を洗いましょう。

一気に目が覚めます。

また体の表面を冷やすことで体温が上がりますので、活動しやすくなります。

シャワーを浴びる

もっと気分を変えたい時はシャワーを5分程度浴びましょう。

寝ている時は結構汗をかいているものです。

汗でベタベタしている体では気分も乗りませんよね。

なら、シャワーでスッキリしてみませんか?

外に出る

ずっと家にいると、気分が一定になって、やる気が出ません。

そんな時は外に出ましょう。

外に出ることの効果は3つ。

  • 日の光を浴びることで目が覚める
  • 着替えることで気分が変わる
  • 歩くことで血流が良くなり、やる気が出る

オススメは近くのカフェでモーニングです。

後述のコーヒーの効果もあるし、日の光を浴び、歩くことで効果いっぱいです。

おしゃれをする

平日、スーツや仕事着を着るとやる気が出ることはありませんか?

なら休日でもおしゃれをして、やる気を出してみましょう。

休日はいつもとは違う服装にしてみたり、ちょっと勝負服にしてみたり、好きな時計を身につけたり、化粧をしたりと、なんでも構いません。

自分が好きな服装やアイテムを身につけるだけで気分が一気に晴れやかになりますよ。

コーヒーを飲む

コーヒーの3つの効果成分とコーヒーブレイクが仕事や勉強に効果的な4つの理由
コーヒーはお好きですか? コーヒー大好き管理人のつむぎです。 毎朝1杯のコーヒーから始まり、 昼食後のコー...

コーヒーには様々効果があります。

中でもリラックス効果や集中力アップにつながるため、一杯のコーヒーで気分を上げてから、行動するのもオススメです。

やる気スイッチを作る

やる気スイッチとは、やる気を出すための行動のスイッチのことです

このスイッチのある人は、簡単にやる気を出せるようになります。

いつもの行動を作る

いつもの行動=習慣を作るのです。

平日、仕事に向かう電車の中でやる気がだんだん出てくるのであれば、休日もどこかに朝から出向いてみましょう。

そのように平日と変わらない行動を休日にも取ることでやる気を作り出すのです。

音楽を聴いてテンションを上げる

音楽が好きなら、好きな音楽、テンションの上がる音楽を聴くのがオススメです。

気分が高揚し、やる気を創出できます。

ストレッチをする

気分が乗らない時は体温が低く、動きが鈍くなっているからかもしれません。

そんな時は簡単にできるストレッチや体操で体を動かしてみましょう。

職場でも仕事前にラジオ体操をする方もいるんじゃないでしょうか?

それと同じです。

体を動かし、血流が良くなり、体温が上がれば、人は行動しやすくなります。

大きな声を出す

気合だ!気合だ!気合だ!

そう大きな声を出すと気分が高揚しませんか?

良い言葉ならあなたの気分をあげます。また大きな声を出すことで脳に刺激を与えることができるので、動きやすくなることです。

とにかく行動する

やる気を出すための最後の方法はとにかく行動することです。

笑顔があなたに元気と幸せを与えるくれる3つの理由
みなさん、最近笑っていますか? 「ウイスキー」で笑顔になれる管理人のつむぎです。 別にウイスキーが好きな...

「やる気が出ない → 行動できない」ではありません。

実は

「行動しない → やる気が出ない」なのです。

行動は感情を想起します。

やる気とかそんなものに囚われず、どんどん動いてみましょう。

最後に

休日動けないとストレスになります。

まずは小さなことでも構いませんので、何かできるものをやってみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする