引っ込み思案はもったない。オープンになることが成長につながる3つの理由

スポンサーリンク

あなたは引っ込み思案な性格ですか?

隠し事が多かったり、自分のことをうまく話せなかったりしませんか?

はい、これ完全に以前の私です。

自信がなかったり、言うことで変に思われてしまうんではないかって勝手に思ってしまって、うまく自分のことを言えなかったり、ついつい隠してしまうんですよね。

でもそういうのはっきり言って、ビジネスを含め日々の生活で損します

一番の理由は人との信頼関係の構築を邪魔してしまうからです。

今回は、引っ込み思案な性格やついつい自分のことを隠してしまう性格の方に、その原因とオープンになることで得られる利点を紹介します。

クローズドな性格になってしまう理由

自信がないから

一番の理由は、「自信がないから」です。

「あなたは、本当はすごく能力が高いんです!期待しています」

そんな風に言われたら、どう思いますか。

ここで「褒められて嬉しい」と思った方は、それなりにオープンな性格でしょう。

「いや、そんなことありません」と謙遜したり、

「それは思い違いですよ」と否定するなら、かなりクローズドな性格でしょう。

一般的な日本人の性格として、褒められてもつい謙遜する傾向はあります。言葉ではそうでも実際は喜んでいれば、問題ありません。

でもこれを喜べないのは自信のなさが大きな要因となっています。

本当はできるのに、それを自分が認識していない、自分はまだそのレベルに達していないと思えば思うほど、自信をなくし、どんどんできない自分ができてしまいます

できない自分を見ると、どんどん自信をなくします。

実はいいことなんてないんですよね。

結果、自信がないから、それを隠すというクローズドな性格になってしまうのです。

変に思われてしまうのではないかと考えているから

ちょっと人とは違う考えや好きなことがあったらどうしますか?

隠しませんか?

私もアルパというマイナーな楽器をやっていたり、この歳になっても動物園に行ったりして一般的な普通とはかなり違うとは思います。

以前はそれを隠していました。

だって「変人に思われたら、嫌じゃないですか?

でも逆に考えて見ると、普通とか一般的ってなんでしょうか?

それってわからないんですよね。

変に思われてしまうと考えると、ついつい隠してしまいます。

でも本当はそこまで変に思う人なんてあんまりいませんよ。

実は人一倍プライドが高く、高いレベルを自分に要求しているから

3つ目の理由として、実はプライドが高く、高レベルを要求しているから、というのがあります。

1つ目の理由で「まだまだそのレベルに達していない」と思うことがありましたよね。

これです!これこそ、実は自分に高いレベルのものを要求しているということです。

本当は力や能力があります。

でも自分はまだまだと思うことで、それを隠してしまっているのです。

オープンな性格になることの3つの利点

クローズドな理由を紹介しました。クローズドな性格による欠点はオープンな性格の利点の真逆です。

そのため、現在クローズドな性格なら、ぜひ、その欠点とオープンの利点を見比べてほしいなと思います。

さらけ出すことで信頼を得ることができる

何かを隠す人は信頼を得にくいです。

逆にさらけ出してくれた方が人として裏表がなく、信用できます。

例えば、外国の方に「日本語できますか?」と聞いたとしましょう。

「Yes!スシ、マンガ、フジヤマ」と知っている単語をあげるでしょう。

それだけでも、この人と面白いとか、いい感じと思うかもしれません。

でもここでもし「いえ、私は日本語わかりません」と言われたらどう思いますか?

「できてるじゃん!」と思う反面、「どうしてできているのにこの人は隠すのか?自信がないのか?私と話す気がないのかな?」と思ってしまうのではないですか?

このように人はある程度、さらけ出してくれた方が、歩み寄りやすく、信頼をすぐに得ることができるのです

苦手なこと、わからないことを謙虚に学べる

なんでもできないというのは感心できませんが、「今できないこと」「今わからないこと」は素直に言った方がいいです。

このようにオープンになると、相手も「しょうがないな」と思いつつも教えてくれます。

それだけでなく、自分にとっても、今の自分ができていないことを言葉にすることで認識するため、これから教わることを謙虚に学ぶことができます

もし本当はわかっているのに聞いたなら、上から目線で聞くでしょう。

わからないのにそれを言わなかったら、そもそも教えてももらえません。

このようにオープンになることは相手への効果だけでなく、自分の学習効果もあるのです。

打たれ強くなる

そしてオープンになる人ほど、打たれ強くなります。

マングローブの根っこを想像してみてください。

力強いですよねー。

普通の人が普通の木だとしたら、根っこは地面に隠しています。だから表面の一本を切れば、倒れてしまいます。

でも自分の根っこをさらけ出して、それを強めるとマングローブのように根っこ一本切っても倒れない打たれ強さがあります。

人も似ていますよね。

表面に出すほど、打たれます。

でもその分、強くなれます。

それが成長につながるのです。

最後に

オープンな性格は人との信頼を得、謙虚な姿勢を身につけ、打たれ強くなります

これらは仕事でも家庭でも地域社会でもあなたを成長させるパワーになります。

全てをさらけ出せとは言いません。

でも多少オープンの方が成長の視点言えば、とってもいいのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする