【生き物から人生を学ぶ10】チャーミングで相手を油断させて獲物を狩るキタキツネ

スポンサーリンク

キタキツネって毛並みきれいで、可愛いですよね。

私は以前、北海道に住んでいましたが、何回も野生のキタキツネに遭遇したことがあります。

でも、触っちゃダメですよ。

今回は、そんなチャーミングなキタキツネの生態から学んでいきましょう。

キタキツネの生き方を学ぶ

キタキツネ概要

キタキツネは北半球に広く分布するアカギツネの亜種になります。

日本だと北海道で見られるキツネになります。

ちなみに

日本で他に見られるキタキツネよりも小柄なホンドギツネもアカギツネの亜種だし、

銀色の毛並みのギンギツネもアカギツネの遺伝的な変異種なので、

日本にはアカギツネしかいません。

世界を見ても様々なところにアカギツネはいます。

そのため、ブラウザのfirefoxもキツネなんですよね。

完全に別種だと、ペットで買うことができるフェネックです。

キタキツネが有名になったのは?

国内では北海道にしか生息しないキタキツネ。

でも誰でも知っていますよね。

その理由になったのが、「キタキツネ物語」です。

キタキツネの一家を追ったドキュメンタリー映画で、1978年にヒットしました。

泣ける話なので、おすすめです。

他にも

こちらもお勧めです。

このように国内ではキタキツネを題材にする映画もあることから、誰でも知っている生き物になっているのではないかと思います。

キタキツネの生態

キタキツネは夜行性で、雑食です。

そのため、主食はネズミやウサギ、昆虫といった肉類ですが、他にも木の実や果実も食べます。

今は人が餌をあげたことで、味を覚えて、ゴミ捨て場のゴミをあさるキツネもいるそうです。

そのため、野生の動物には食べ物を与えてはいけません

また基本的には単独行動をとり、繁殖時に家族で過ごすようになります。

キタキツネの狩り

キタキツネの狩りの方法と2つ、特徴的なものを紹介します。

・雪の中にジャンプ!


雪の中にいるネズミなどの小動物の音を聞き、ジャンプして頭を突っ込んで獲物を捕らえるという方法です。

他の動物にはあまり見られない、冬限定の狩りの仕方ですね。

ある研究者はこの狩りの方法は、北東・南西向きにダイブことが多く、この時に狩りの成功確率が高かったことから、「キツネは地磁気を感じ取っている」という報告をしています。

現在は根拠が足りないということで、信じられていませんが、本当に磁場を感じているとしたら、すごいですよね。

・チャーミング

上の写真見てください!キタキツネ、本当にチャーミングですよね・・・

はい、すみません。

キタキツネは「チャーミング」と呼ばれる狩りをします。

小動物はキタキツネを見ると、巣穴などにすぐに逃げてしまいます。

でもキタキツネは頭がいいので、それを知っています。

すぐに獲物を捕らえることができる程度の距離に離れて、苦しんだり、ゴロゴロしたり、寝たふりをしたり、突拍子も無いことをするのです。

この姿を小動物が好奇心を持って見てしまい、だんだんと距離を狭めて、捕まえてしまうのです。

触ってはいけない

最後に、野生のキタキツネ、北海道に行くと遭遇することがあります。

でも絶対に触らないでください

野生のキタキツネの50%以上がエキノコックスと呼ばれる寄生虫に感染しています。

キツネには問題ありませんが、人が感染するとエキノコックス症を引き起こし、最悪の場合、死に至ります。

エキノコックスといえば、キタキツネが国内では有名ですが、犬や狸にも感染する寄生虫ですので、そもそも野生の動物に不用意に触らないようにしましょう。

キタキツネの生き方から人生を学ぶ

相手の油断を誘うことで有利に働く

キタキツネは相手の油断を誘って獲物を捕らえる「チャーミング」を行います。

これって人の世の中でも似たようなことってあるんじゃないですか?

可愛い女性に褒められたら、お金を出してしまう男なんて、その典型かもしれませんね。

他にもいつも真面目な人が急に緩んだ顔になったら、そのギャップに惹かれるかもしれません。

どちらにしろ、いつもとは異なる、想像とは異なるギャップを見たときに人は油断してしまうものです。

そしてその油断こそが、自分の利益につながります

人の世の中では信頼を得ることが大切

先ほどの言い方だとちょっと悪く感じたかもしれません。

では逆に考えて、あなたならどんなときやどんな人と会っているときに気が緩みますか?

家族や親しい人、信頼における人の前ではないでしょうか。

その通りで、信頼が得られていない状態だと、相手に警戒されています。

そのため、仕事であっても、プライベートであってもうまくことが進まないことがよくあります。

逆に信頼が得られていれば、警戒心が和らぎ、仕事やプライベートをうまく行うことにつながるのです。

信頼感につながる「チャーミングさ」が必要なのかもしれません。

最後に

キタキツネが可愛いのも、可愛い仕草をするのもチャーミングさあってこそです。

そしてそれによってキタキツネも餌がもらえ、こちらもリラックスできれば、win-winの関係でいいではありませんか。

最後に、もしキタキツネに会いたくなったら、蔵王キツネ村がオススメです。

私もまだいったことがないので、いったら、ぜひレビューしたいと思います!