日本人は競争嫌い!?本当は違うと思う7つの理由 | つむぎログ

日本人は競争嫌い!?本当は違うと思う7つの理由

スポンサーリンク

皆さんは競争は好きですか?

運動における競争

学力による競争

劇の主役の取り合い などなど

競争といっても様々な種類がありますね。

先日このようなニュースがありました。

日本人の「競争嫌い」を逆手にとった「ZOZOTOWN」の異色さ 外資系を知り尽くした“5000億ファンドマネージャー”が考える「競争力」#2 – 藤原 敬之

ここでも日本人の競争嫌いという言葉が出ていますね。

確かにニュースでも平等を進める話もあります。教育の場において競争はいらない、という意見もあります。

しかし、それを見れば見るほど、実は日本人は競争をしていると思いました。

今回は、私がそう感じた理由を紹介します。

競争が嫌いな理由

上記の本の一部を参照してみましょう。

日本人では以下の2点の特徴が見て取れます。

  • 市場経済に対しての信頼感が低いこと
  • 政府の役割に対しても信頼感が低いこと

つまり、「新しい市場経済も今後の政府による国の施作も信頼していない = 現状以上を望んではいない」

以上のことから、競争が嫌いだろう。

うーん。本当にそうでしょうか。

私はまだまだ経験が浅いですが、いろんな方と話していて、確かに現状維持でいいやという人はいます。でもそれが競争が嫌いというわけではないと思うのです。

確かに本当の自由な競争は嫌いかもしれません。

しかし、ある一定のルールに従った競争は好き、そう思います。

日本人はルールに従った競争が好きな理由

これは完全に私個人的な意見ですので、何か反論意見あれば、メッセージお願いします。

スポーツは大いに盛り上がる

サッカーの日本代表戦は盛り上がりますよね。

他にもオリンピックではやはり日本人の結果が気になります。

でもよく考えてみてください。

スポーツは競争です。順位をつけます。

国際的なスポーツの大会は、国同士の争いとも言い換えることができます。また違う言い方をするならば、代理戦争です。

それでもスポーツは人気です。

スポーツには各種目ある決まったルールがあり、それに従って素晴らしいプレーを楽しむことができます。

つまり、スポーツが人気という時点で、競争が嫌いなわけはないのです。

紅白合戦はどんな場面でも多い

テレビ番組を見ると、2組に分かれたクイズ番組やお笑い番組、歌番組もたくさんありますね。

そう、日本では以前から紅白合戦という言葉があり、ふた組で競い合う、そんなことは日常的に行われてきたのです。

例えば、小学校の運動会でも紅白に分かれて勝敗を決めることでしょう。

(もっと分かれているかもしれませんが・・・)

小さい頃から、勝敗が決まることを行っているのです。

もし、この勝敗がなかったら・・・

運動会が「どちらも頑張ってたね」で終わってしまうんです。

そんなのやっていて楽しいんでしょうか。

親だって、子どもが一番になったら嬉しいではありませんか?

このように競争嫌いであっても、小さい頃から競争をしているのです。

テストの点数はやっぱに気になる

学校のテストも同様です。

試験でも点数で優劣が出ます。

まぁ、スポーツに比べたら、そこまでかもしれませんが・・・

正解不正解が出ることによって、自分のできるところとできなかったところを確認することができます。

もちろん、それだけであれば、自己成長という意味ではいいでしょう。

でも、一番に見るのは点数ではないですか?

やっぱり点数がよければ、嬉しいものですし、逆に悪ければ気分が沈んでしまいます。

さらにここで偏差値が出れば、なおのこと、競争感が出ますよね。

AOよりも一般入試での合格の方が価値を感じる

私が入った大学ではAOもありました。

どっちで入ったかなんて、正直入ってしまえば関係ありません。

それでもAOは甘えや学力が足りていないってそんな意見もたくさんあります。

これは

「一般入試という誰でも同じ試験を受けて、倍率も高い試験で合格できる方がすごいぞ!」

そう言っているようなものです。

つまり競争で勝ち残ったものが強いってことです。

私はAOに落ちてその後、一般で受け直して入りましたが、AOで入った人がダメだなんて思ったことはありませんでした。

就活もルールに沿って行う

日本の新卒一括採用はある意味、風物詩ですね。

しかし、そこでも競争があります。

つまり、相手を蹴飛ばしてでも、自分が行きたい企業や組織に入る、ということです。

本来であれば、企業ごとに様々な趣向を凝らした採用形式がありそうなものですが・・・

実際はどこでもエントリーシートの書き方、面接の受け方、SPIの勉強法などある一定のルールに従っているように思います。

こんな競争なら、何も言わないんだろうか、そう思ったりもします。

社内競争がない会社も市場競争する

初めに紹介したZOZOTOWN、社内競争をなくしたいということでした。

でも、よく考えてください。

ZOZOTOWNは私企業ですから、市場では競争しているのです。

だって顧客はどの企業においても同じです。

だから、顧客に使ってもらえるようなモノやサービスを提供するために、企業はいろんなことをしているのです。

社内に競争がなく、目の前に自分が晒されていなかったとしても、そこには競争があるのです。

それは忘れてはいけないことだと思います。

好きな人の一番にはなりたい

最後に好きな人はいますか?

誰だって、誰かの一番になって、一生を共にしたいと思うんじゃないですか?

これだって一種の競争です。

男性だって、女性だって、好きな人を選ぶでしょう。

選択できるということは、はたから見れば、市場競争に似た競争が存在するのです。

これは誰だってありますよね。

最後に

日本人は競争嫌い、そんな風に言われます。

でも考えてみらたら、日本人もたくさんの競争をしているのです。

ただ、多くの特徴としては、他の国よりもルールに従っている競争を好むことでしょう。

私は競争のない社会なんか正直見たくありません。

というか、それが嫌だったら、ブログなんかやっていませんし。

ブログだって、他のブログよりも見てもらえるようにって考えているわけですので、他のブロガーとの競争があるわけです。

日本にも競争がたくさんあり、誰もがそれによって楽しさや生活の豊かさを享受していることにぜひ気づいて欲しい、そう思います。