【PDCAノート】毎日行い、自分を劇的に成長させるメソッド

スポンサーリンク

PDCAは仕事でも、勉強においても利用すれば、どんどん自分を成長させてくれるツールになります。

PDCA活用法!勉強が続けられる5つの理由
みなさん、やりたい勉強はできていますか?管理人のつむぎです。 勉強をやろうと思っていても勉強が苦手な人、勉強嫌いな人、...

今回は、外資系マネージャーであり、時短コンサルタントである著者が書いた「自分を劇的に成長させる!PDCAノート」を紹介します。

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

PDCAに関する本はこれ以外にもありますが、この本は非常にわかりやすく、そして特に続けることに意識を置いている本です。

著者:岡村拓郎

詳細な情報は見つかっていませんが、

本から抜粋すると著者自身PDCAノートを実践したことで、次のようになったということです。

  • 過労死ライン(月80時間)を超える月100時間以上の残業が月20時間になり、今では残業がゼロになった
  • 2年間で13キロのダイエットに成功した
  • 仕事の質が上がり、年収が2倍になった

PDCAノートより抜粋

この体験をもとに、今はPDCAノートを広めているのです。

知っていてもできないPDCA

PDCAについては、必ず聞いたことがあるでしょう。

でも、実際使えているかと言えば、そうではないんじゃないでしょうか。

私は使えていませんでした。

というかたまに使うことはありますが、続かないですよね。

イメージとしては持っているのですが、実際にノートなどの目に見える形で残しているわけではなかったので、どれだけ変化があったのか、客観的に見ることができませんでした。

この本ではそこに言及しています。

原因としてあげられているのは、PDCAについて教わっても

「PDCAの回し方」を教えてもらったことがないから、ということです。

確かに!って私は感じました。

言われてみれば、PDCAのことや回すことで得られることは聞いたことがありますが、回し方について学んだことはないのです。

そこでうまく回すための方法がこの本では書かれているのです!

この本を読んで

PDCAノートが他の本と違う点はPDCAを回すことについて詳しく書かれているということです。

PDCA自体の説明もあります。

でも、それ以上にPDCAをうまく回すためのメソッドがしっかり書かれているため、実行に移しやすいです。

実際に私も実践してみたので、それを踏まえて感想です。

実践することに注力できる

  • PDCAをうまく回すための3つのルール
  • ノートを書く前に覚えておくべき「PDCA思考」
  • PDCAノートの作り方
  • PDCAノートを高速で確実に回す方法
  • PDCAを習慣化する方法

PDCAノート目次より一部抜粋

目次より抜粋しましたが、この表題を見てどう感じますか?

実際に行うための流れで書かれているのです。

ここでは大きなところだけ抜粋しましたが、具体的にもっと小タイトルがついてさらに行動に移すための方法の記述があります。

さらに必要な思考も説明されています。

そのため、実践するとき、自分が何を考え、どうやればいいのかわかりやすく、すぐに動くことができました

実際にやりながら確認すると効果アップ

実践しながら、再度読むがオススメです

今までもPDCAを実践したことがある人もいることでしょう。

私もそうです。

でも、続かなかったのはなぜでしょう。

それはPDCAでいうなら、Doまで行った後にCheckをしなかったからではありませんか?

ここにもPDCAを適応してみましょう。

まずはPDCAの実践のために、

P:PDCAノートを書くことに挑戦する

D:何でもいいので、自分のことに関してPDCAノートを作成

C:本を読み返し、作ったPDCAノートを確認

A:足りないところに気づき、またPDCAを作る

今回の本は、本当にやること、続けることについて書かれている本です。

ならぜひ、Checkとして活用するために読み返しましょう

習慣化、そして自己実現

PDCAノートを作ってみると、頭の中でぐちゃぐちゃ考えていたことが整理できるので、かなり役立っている気がします。

私もまだまだ意識してやっていますが、いつかは習慣的にできるようにしたいですね。

資格取得が勉強の習慣づくりに有効な5つの理由
普段、どんな勉強をされていますか? 資格取得を目指した勉強をしている方も多いのではないでしょうか。 かく...

習慣化すると意識を向けなくてもいいので、よりエネルギーが減ります。

また高速で回せるようになることで、より自由な時間を作ることにつながるのです。

それは自己啓発して自分の成長させることや、家族や友達、趣味などの自分が大切する物事に時間を割くことができます。

最終的には想い描く将来を掴む、つまり事故実現することにつながるのです

最後に

大事なことなので何度も言いますが、

この本はPDCAを実際に活用することに重点を置いている本です

なので、実際に参考にして実践したいけど、まだPDCAを身につけていない人には役立つ本だと思います。

読んだ本は実際に実践し、続ければ必ずものになります。

【完全保存版】読んだ本を行動に移すための手帳活用術
高いお金を払って買った本。 読んだ瞬間にはすごくためになったと思うのに、全然身についていないことってありますよね。 ...

自己実現を目指して、PDCAを活用しましょう!