【お知らせ】弁理士の勉強、始めます | つむぎログ

【お知らせ】弁理士の勉強、始めます

スポンサーリンク

普段はどんな勉強をしています、なんて言わない管理人のつむぎです。

だって、皆さんが知りたいのは勉強法や他の人の合格の体験談ですよね。

私だってそうですもん。

しかし、今回はここで試験勉強することを公表し、定期的に勉強についてもシェアしたいと思いましたので、ここで報告します。

弁理士試験を受けようと思った理由

弁理士とは?

弁理士は、優れた技術的思想の創作(発明)、斬新なデザイン(意匠)、商品やサービスのマーク(商標)に化体された業務上の信用等を特許権、意匠権、商標権等の形で権利化をするための特許庁への出願手続代理や、それらの権利を取消又は無効とするための審判請求手続・異議申立て手続の代理業務を行うものである。また、弁理士は、近年の知的財産権に関するニーズの多様化に伴い、ライセンス契約の交渉、仲裁手続の代理、外国出願関連業務等を含む知的財産分野全般に渡るサービスを提供するなどの幅広い活躍が期待されている。

引用:wikipedia

ざっくり言うと知的財産権に関わる法律家です。

弁理士は

  • 特許事務所
  • メーカーなどの社内弁理士
  • コンサルティング

などの場で活躍しています。

弁理士を目指す理由

実は以前からプロフィールの取りたい資格の中に入っていました。

現在、私はメーカーの研究開発職についており、日々の業務の中で知的財産、特に特許、商標を目にする機会が多いです。

中でも私は、研究開発における技術の促進(長期的なビジョン)と同時に保護について興味を持つようになりました。

これってメーカーが競合他社との差別化を行うためにとっても重要なポイントなんです。

弁理士は特に特許を扱うことで、競合他社との住み分けや自社技術を守るだけでなく、独占的に利用を考えることにつながる仕事だと思いました。

そういった理由から、私は、弁理士を目指すことにしました。

勉強開始することを報告する理由

弁理士試験は期間が長い

このブログを始めてから、ITパスポート、知的財産管理技能検定3級に合格してきました。

IT素人でも2週間でITパスポート試験に合格する独学勉強法
1月に受けた「ITパスポート試験」の合格証書が届いきました。 非IT業務をしているIT素人の私ですが、実質2週...
【資格取得】国家資格知的財産管理技能検定3級合格ー独学勉強法
2017年3月に受験しました国家資格「知的財産管理技能検定3級」に無事合格しました。 3週間の独学で合格できましたので...

これらはあくまでも、合格しから書いたものですが、どちらも出願してからの1ヶ月以内での勉強です。

対して、弁理士試験は4月の初めに願書締め切りで、5月、7月、10月と3つ試験があります。

そして最終合格発表が11月というなんとも長い試験です。

こんなにも長いと体験記を書くのも大変ですよね。

合格率も低く、時間がかかるから

一発合格を目指しています!

しかし、甘い試験ではないことは重々承知しています。

だって、合格率は10%を切ります。

さらに合格までに受験した回数は4、5回とか普通にあります。

そんな試験なのです。

でも長い試験だからこそ、そのモチベーションの維持やそれぞれの期間における対策や体験をしっかり書いていくにはいい機会です。

生の声を伝えるという理由からも、勉強しながら報告していくほうがいいと感じました。

勉強の開始が少し遅い

10月から勉強を開始するわけですが、これ結構遅いです。

というか、秋から勉強し始めましたなんてブログは少ないです(1.5年計画の人はいますが)。

大抵、1年前とか夏から開始が多いです。

逆に言えば、短い期間で如何に効率よく学んで成果を出すかが問われてきます。

このブログでも様々な勉強法を紹介してきましたが、ある意味それを実践して発揮する絶好の機会でもあるのです。

これは私にとってのチャンスであり、皆さんにより伝えられる気がしています。

最後に

今回、ITストラテジストの試験勉強をやめて、弁理士の勉強を始めました。

資格を申し込んだが、試験には行かない。退くことは悪いことではない!
9/17現在、来月10/15に受ける予定だった「ITストラテジスト」を受けないことを決めました。 資格試験は試...

自分の中ではそれなりに葛藤もありました。

だから、その分、弁理士の試験にしっかり力を入れていきたいと思います。

これから宜しくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする