Fitbit charge2とApple watch series 3を両方使用して、比較してみました。

スポンサーリンク

2017年9月23日、発売日当日にApple watch series 3のGPS版を購入しました。

えっ?セルラー版ではないのか?って。

GPS版だからこその良いところもあるのです。

そちらも紹介します。

さらに今まで運動用として、1年間Fitbit charge 2を使っていました(それより前にはEpsonやpolarも使っていました)。

Fitbit charge 2、Apple watch両方とも使用して見て、どちらにも良い面と悪い面があることに気がつきました。

今回は中でも運動用としてどちらが最適かについても紹介します。

今回は、その2つについて紹介します。

Apple watch series 3

GPS版とセルラー版

Apple watch 3が発売されました!

中でもの注目されている点はやはりセルラー版が出たことではないでしょうか?

これによって、iPhoneがなくても電話やメールができるようになりました。

便利ですね。

でも!

GPS版でも電話に出ることができます(iPhoneが近くにあれば)

iPhoneとapple watchはbluetoothでリンクしています。

距離が伸びて、リンクが切れた時にセルラー版であれば、Apple watch単体でも電話ができるということです。

逆に普段カバンにiPhoneを入れているなら、GPS版でも電話することができるのです。

逆に、皆さんはiPhoneを持たない場面でも電話に出たいですか?

私はランニング中に通知が来るのが嫌です。

なので、セルラー版ではなく、GPS版を買いました!

Apple watch単体でもGPS、音楽(bluetoothのみ)が使えるので、GPS版でも非常に満足しています。

Apple watchで使う「Apple pay」は便利すぎ

Apple watchで一番便利な機能は「Apple pay」!

私は左利きのため、時計を右手につけています。

そうすると、改札でちょっと腕をかざすだけで、通れる!

特別必要な動作は全く入りません。

これはすごい!

iPhoneでもできますが、両手にモノを持っている時でも楽に使える点でApple watchの方が便利さでは軍杯が上がるでしょう。

充電は思いの外、大丈夫

私の使用状況を紹介します。

充電:お風呂の前後約1時間

着用:充電時以外

使用:Apple pay、ワークアウト、通知、時刻の確認用

ガンガン使っている方ではないと思いますが、まだ充電切れを起こしたことはありません。

というか基本的に滅多に50%を切ったことがありません。

多分、私の使い方では、最大2日は持つでしょう。

また毎日充電するのがめんどくさいという意見もありますが、私の場合はたまにしか充電しない機器の方が大抵充電を忘れて使えなくなってしまいます。

私のようにズボラな方は習慣化しやすい意味で、毎日充電をオススメします。

運動用にApple watch?Fitbit charge?

Fitbit charge 2のメリット・デメリット

管理人のつむぎは色々な活動量計を使ってきましたが、Fitbit charge 2は「運動用の腕時計タイプの活動量計としては完璧だ!」と思うぐらい良いディバイスです。

だって、運動から、睡眠までしっかりとってくれるからです。

メリット

  • バッテリーの持ちがいい(約5日)
  • 残りワークアウトを◯◯歩、歩きましょうと具体的に出る
  • 睡眠の記録が取れる
  • 心拍数が測れる(5秒間隔)
  • GPSが使える(条件あり)
  • バンドを変えることができる
  • 動いていないと知らせてくれる

デメリット

  • GPSはスマホが近くないと使えない
  • ワークアウト以外の機能はない
  • 生活防水(水泳はできません)

ちなみにFitbitの中ではCharge2が人気ですが、他にもGPS内蔵版のSurgeがあります。

Apple Watchのメリット・デメリット

メリット

  • 電話、通知ができる(iPhoneの機能の一部を使える)
  • GPSで運動の記録を取れる
  • 心拍数が測れる(通常時は10分に1回)
  • 音楽が聴ける
  • 他のアプリも入れ放題
  • 防水(水泳可)
  • 動いていないと知らせてくれる
  • バンドを変えることができる
  • Apple payで支払いができる
  • 高度計がついた

デメリット

  • バッテリーが1日しかもたない
  • 公式の睡眠測定アプリがない(よく測れるものも多くない)

結局どっちがいいの?

私の独断と偏見による結果は・・・。

活動量計としてのみの使用で水泳をやらない人はFitbit charge 2

活動量計以外の機能が欲しい人、単体で音楽を聴いたり、GPSを取りたい人はApple watch

です。

活動量計単体として現状Fitbit charge2が非常に使いやすいです。

睡眠を含め、細かいところまでしっかり測定してくれます。

さらにバッテリーも長いのが特徴であり、フルマラソンで走っても全然減りませんでした。

対して、Apple watchは現状睡眠の計測がまだ得意ではありません。

しかし、高度計がついたことや水泳でも使える点は便利です。

さらに活動量計以外にも使える点は完全に軍杯が上がります。

充電に関してもフルマラソンだと結構ギリギリになる可能性があります(またつけて出場していないため、予測です)。

ただ、慣れるまでワークアウトアプリの止め方が分かりにくいのはやや難点です。

よって、何の目的で使用するかによって、選択するのが良いです。

最後に

過去にpolar、エプソンの活動量計も使用してきましたが、活動量計としてはFitbit charge2はすごくオススメです。

しかし、活動量計としても使えるApple watchはiPhoneユーザーならありだと思います。

使いやすさと使う目的を照らし合わせ、電気屋さんでぜひ実機を触ってみてください。