拭き掃除のできる床拭きロボット「ブラーバ」が便利でオススメな7つの理由

スポンサーリンク

引用:Braava 300 series

私の部屋には掃除機がありません。

一人暮らしの方や家に物が少ない方にも同じような人がいるのではないでしょうか。

実際、1Kぐらいまでだったら、掃除機なくてもクイックルワイパーなどの拭き掃除やゴミを粘着させるコロコロがあれば、問題ありません。

掃除機も便利ですが、部屋が狭いと置き場所も取られてしまいますからね。

さて、最近私は引越しをした際に、より自分の時間を作るために床拭きロボット「ブラーバ380j」を購入しました。

使って見るととっても便利!

今回はそんな床拭きロボット「ブラーバ」についてレビューします。

拭き掃除に特化したブラーバ

ブラーバとは

ブラーバはロボット掃除機ルンバで有名なiRobotが手がける床拭きロボットです。

現在、床拭き専用ロボットは非常に少ないですね。

その中でもこちらのブラーバ300シリーズは抜群に売れている機種になります。

ぜひ、まずはこちらの動画をご覧ください。

ロボット掃除機はあっても、床拭き専門機はない

さて、先ほどもあったように床拭きの専用機は他にありません。

一応、ロボット掃除機に水拭き機能があるものもあります。

モップ専用機もありますね。

ブラーバシリーズでもジェットタイプもあります。

でも敢えて、私は次の理由でブラーバ300シリーズをお勧めします。

市販のシートが使える

先ほど紹介した他の機種では、専用のシートやモップが必要になります。

ロボット掃除機兼用のタイプでは丸い形に揃える必要がありますからね。

それに対して、ブラーバ300シリーズのすごいところは市販のシートが使えるということです。

例えば、専用のクロスではこれぐらいの値段がします。

対して有名な掃除のシートであるクイックルでは次のようなります。

ウェットタイプでも

専用ではなく、市販のシートが使えるということはすごく経済的になるのです。

このように市販のシートが使えるのはブラーバ300シリーズだけです。

床拭きのメリット、デメリット

中には普段は掃除機だけという人もいるでしょう。

そこで、床拭きのメリット、デメリットをまとめてみました。

メリット

  • 乾拭きは手軽にゴミを集めれる
  • 水拭きは床に付着したゴミ、汚れを落とすことができる

デメリット

  • カーペット、畳では使えない
  • ドライだけではゴミを取り切ることができない

実はこのメリットが非常に大きいです。

部屋の汚れは何も目に見える汚ればかりではありません。

そこで水拭きをすると床に付着した目に見えない汚れを取ることができるため、水拭きをするとフローリングがツルツルと綺麗になります。

これは床拭きの最大のメリットです。

ミニマリスト、シンプリストにブラーバをオススメな理由

物が少ない部屋の方が真価を発揮する

ロボット掃除機にも言えますが、部屋に物が少ないほど、全体を綺麗に掃除してくれます。

その理由はなぜか?

ブラーバにしろ、ロボット掃除機にしろ、そこそこのサイズがあります。

そのため小さなものやコードなどに引っかかったり、遮られることで全体を掃除することができなくなります。

つまり、物が少ない、またはものをすぐかたつけできる部屋ほど、ロボット掃除機は真価を発揮するのです。

カーペットが最大の敵

ブラーバは床拭き専用機です。

つまり、フローリング掃除が得意なのです。

つまり、カーペットのある部屋では使うことができません。

そこで、ミニマリストやシンプリストの中には、カーペットを持っていない人もいるでしょう。

実際、私は持ってません(笑)。

なぜなら、基本的にイスとテーブルで過ごすからです。

イメージいうなら、欧風のダイニングみたいな。

カーペットがないと、いつでもスイッチを押すだけでブラーバが綺麗にしてくれるため、とっても便利さを感じることができます。

出かける前にスイッチを押すだけ

ブラーバはルンバの高機能機と異なり、時間指定はできません。

しかし、出かけるときにスイッチを押せば、あとは勝手にやってくれます。

もちろん終われば勝手に止まってくれます。

ブラーバを含めたロボット掃除機最大のメリットは、掃除をロボットにアウトソースすることで、時間を作り出すことにあると思います。

そういう点で、生活をミニマムやシンプルにする人ほど、労力のかかる掃除をロボットに行わせることで、自分がやりたいことに時間を作れるのだと思います。

乾拭きだけでなく、水拭きもしてくれるので埃を残さない

ブラーバのメリットは乾拭きも水拭きもできることです。

出かける前に乾拭きでセットし、帰ってきてすぐに水拭きを行えば、取りきれなかった汚れや埃をなくすことができます。

水拭き機能を使わなくても市販のウェットタイプのシーツで問題ありません。

定期的にブラーバを動かすだけで、常に水拭きした綺麗なフローリングで生活できるのは非常にメリットが高いですね。

目に見えない汚れもとってくれる

実は水拭きは手間がかかるので、やらない人も多いでしょう。

私も年に数回頑張ってやるくらいでしたから。

しかし、水拭きしたあとはフローリングの綺麗さが違うと思うんですよね。

そんな労力のかかる水拭きが自動で行ってくれるのは、とっても便利です。

終わったら、シートを捨てるだけ

ロボット掃除機でも、ゴミを取り出さなくてはいけません。

結構これが面倒だったりしますよね。

また、専用クロスだけだと、取り外したあと、洗って乾かす必要があります。

対して、ブラーバは使い捨てのシートを使えます。

つまり、終わったら、シートを取り出してゴミ箱にポイ!

それだけで終わるのです。

余分な作業が入らないし、てもほとんど汚さなくて済みますね。

ブラーバのために、散らかせなくなる

部屋を適当に使っているとすぐに散らかってしまいますよね。

普段から、かたつけていれば、そんなふうにならないのはわかっているんですが・・・

ブラーバを購入して以来、ブラーバの動きを考えて床を散らかさないようになりました。

だって、散らかってなければ、私が仕事に行っている間に勝手に掃除をしてくれるんですよ。

それを思うと、部屋を散らかすことが勿体無く感じるようになりました。

結果、以前よりも片付いていて、床には何も置かなくなりましたね。

まとめ

ブラーバ300シリーズは掃除の労力を減らし、市販のシートも使えることから非常に経済的です。

楽したい、自分の時間を作りたい、そんな思いがあり、フローリングで生活しているなら、非常にオススメな一品です。