【動物の生き方から人生を学ぶ】ヒトのかけがえ無いのないパートナーのイエイヌ

スポンサーリンク

明けましておめでとうございます。

2018年は戌年ということで、今回はイエイヌについてご紹介します。

とはいえ、ペットとして大人気のイエイヌですが、

他にも警察犬、救助犬、麻薬捜査犬、盲導犬、介助犬、牧羊犬、狩猟犬など

私たちヒトとの歴史の中でも、現在の生活の中でもとっても大切な存在であり、特別なパートナーにもなるそんな存在です。

イエイヌを中心にして、私たちヒトについて考えてみましょう。

今回は特別編で、いつもとは少し内容が変わります。

イエイヌの歴史

イエイヌはタイリクオオカミと同じ祖先をもつ

ペットで人気のイエイヌですが、その先祖はタイリクオオカミです。

【生き物から人生を学ぶ8】家族を守り、リーダーとして活躍するタイリクオオカミ
オオカミって聞いて何を想像しますか? 「赤ずきんちゃん」をはじめとした童話の中では、完全な悪役として出てきます...

犬の進化としてはこちらの「子犬のへや」さんが非常に綺麗にまとめていたので、参照します。

犬の進化一覧図

つまり、現在いるイエイヌはタイリクオオカミの突然変異として生まれた種類になります。

実はタイリクオオカミ種の亜種としてイエイヌは位置付けられています。

そのため、実はイエイヌとタイリクオオカミと交配して子どもができることも事実としてあるのです。

イエイヌとヒトの関わりは非常に古い

さて、なぜタイリクオオカミからイエイヌが生まれたのでしょうか?

これは古代の人々がオオカミを家畜化したのが由来と言われています。

いつ家畜化したのか、諸説ありますが、現在は、1万年前~3万2000年前にアジアで家畜化されたと言われています

ホモ・サピエンスが誕生したのが10万年前

教科書に出てくる4大文明が起こるのが5000年前

ってことは、大きな文明が起こる前にイヌとして家畜化し、世界中に広がったのです。

そのため、4大文明や他の洞窟の壁画など、いくつかイヌが出てくるものもありますから。

現在の犬の種類は

現在の犬の種類は、700−1000以上と言われています。

えっ?適当じゃないか?

はい、私も調べて正しい数字が出てこなかったので驚きました。

これはおそらく、犬種として明確に認定されていなくても、名前がつけられている犬種も含んでいるからと思われます。

いわゆる1世代のみの交雑種を含むんでしょう。

現在、様々な機関で認定が行われていますが、世界80の国と地域が加盟する国際畜犬連盟のデータを確認しました。

結果、認定犬種は「335種」

そして10のグループに分けて分類しています。

  1. 牧羊犬、牧畜犬
  2. 使役犬
  3. テリア
  4. ダックスフンド
  5. スピリッツ(原始的な犬)
  6. 嗅覚ハウンド
  7. ポインター・セター
  8. レトリーバー、スパニエル、ウォーター・ドッグ
  9. 愛玩犬
  10. 視覚ハウンド

イエイヌはヒトのパートナー

頭がよくコミュニケーション能力が高い

オオカミはもともと群れで生きる動物で、互いに結束して生活しています。

(一匹オオカミは群れから離れた個体のことで、基本的には群れで生活します。)

イエイヌとなってもその習性は変わらず、種族を超えて家族の一員として活動します。

イエイヌは人でいうと子ども程度の学習能力があると言われています。

それは動物の中では高いため、訓練によって芸を身に付けたり、元々の習性と違う行動・例えば無駄吠えをなくすなどを仕込むことが可能です。

またはオオカミ同様に序列を決めます。

よく躾できているイヌは飼い主のことをよくみますよね。これは飼い主を上に見ており、それに合わせて行動しようという表れなのです。

ヒトとうまくやって来たからこそ、側にいる

イヌはヒトととのコミュニケーションを通して様々なことを覚えます。

警察犬、救助犬、麻薬捜査犬、盲導犬、介助犬、牧羊犬、狩猟犬など

他にもペットセラピーなども盛んです。

これは古代から続くヒトとイヌとの関わりがあり、それが今に続いて来た証拠です。

他の家畜化された動物を考えてみましょう。

それはヒトが食料を得るため、ネコのようにその動物の習性を利用して、食料を守るためでした。

イヌの持つ習性を利用しているところもありますが、一緒に仕事をするパートナーであり、ともに生活するパートナーになっています。

これは他のペットや家畜化された動物とは異なるのではないでしょうか。

最後に

バカ犬になる原因は犬ではなく飼い主にある」という言葉があります。

それは序列をつけるイヌだからこそ、イヌから下に見られることで起こることで、まさにその通りなのです。

パートナーとの関係も人として考えて、見直す必要がありますね