持たなくてもお金が貯まる!キャッシュレスだからこそ出来る貯蓄するための3つの方法

スポンサーリンク

とある銀行が発表したデータで判明したことがあります。

それは、「キャッシュレスの人の方がお金が貯まる」ということです。

※このデータに関しては後ほど、解説します。

さて、みなさんは現金派ですか、それともキャッシュレス派していますか?

私はApple watchを購入して以降、Apple watchで支払いできる便利さに惹かれ、以前よりもキャッシュレス化が進みました。

キャッシュレスについては、どうなるかまだわかりませんが、消費増税に対する消費減少対策として、キャッシュレス支払いに対してポイントを付与するなどというのも考えられていますね。

しかし、日本は他の国よりもキャッシュレス化が遅れています。

日本がデジタルへの対応が遅いのもありますが、それ以上に日本は

  • 現金の偽装防止技術がしっかりしていること
  • スリや盗難などが少なく、現金も持ち歩いても安全

大きくこの2つの理由から、現金を所有することによるデメリットが少なく、あえてキャッシュレスにするする理由が少ないということです。

今回は、

  • 「キャッシュレス化を進める理由」という根本的な話
  • 現在の状況
  • そして今後キャッシュレス化の世の中になった時にどのようにしてお金を使いすぎずに、お金を貯めるか

この3点について詳しく解説します。

国がキャッシュレス化を進めたい理由

偽装防止による経済活動の正常化

お金が欲しい時、どうすれば解決するでしょうか?

一般的な方法としては、稼ぐ、借りる、売ってお金にする、などですね。

でも中には、奪う、作るという考えをする人がいます。

詳細は省きますが、キャッシュレス化を国先導で進めている場合、国内で盗難や偽札問題が横行している場合があります。

日本国内では当たり前にみる、財布をズボンのポケットに入れる行為。

海外旅行のガイドブックやってはいけない行為としてよく取り上げられます。

それはその国では日本人がスリに遭う可能性が高いからです。

このように盗難のリスクがあると、人は現金を持ち歩かなくなるか、最小限しか持たなくなります。

また、偽札のリスクがあると、商品を売ったり、サービスを提供する店側が客を信用できなくなります。これは正常な経済活動の妨げです。

貨幣はそれ自体には価値はなく、信用があってこそ、価値を持つものです

その信用が崩壊することは国としては、どうにかしなくてはありません。

キャッシュレス化は現金という物質的なものからデータ的な変えます。

すると、盗難のリスクは現金に比べ、大幅に減ります。

たとえスマホやカードが盗難されても本人でしか使えないようにすれば、問題がありません。

また偽札の問題はもちろん無くなります。

だって作ることができないからです。

造幣のコスト削減

例えば、日本円の原価を見てましょう。

貨幣
  • 1円玉:1.8円
  • 5円玉:2.3円
  • 10円玉:3.6円
  • 50円玉:8.7円
  • 100円玉:15.3円
  • 500円玉:64.5円
紙幣
  • 1000円札:10.4円
  • 5000円札:19.5円
  • 1万円札:25.5円

1円は完全に赤字ですね(笑)。

普段使っている私たちからしたら、造幣のコストなんて考えません。

上のコストはあくまでも一枚あたりなので、実際に作られる全てを考えるとものすごい額の税金が使われているわけです。

この造幣コストの削減には2つあります。

1.赤字の貨幣を発行しない

2.キャッシュレスによるデータ管理

1:赤字になる貨幣の発光終了(カナダの例)

2012より貨幣に対してコストの大きい1セント硬貨が廃止されました。

これによって発行コストの削減を行いました。

2:キャッシュレスなら造幣コストはかからない。

造幣も国民の税金によって成り立っています。

つまり、この造幣へのコスト削減ができるだけでも税金の無駄使いが減るのです。

一つ一つの原価は低くても、年間で製造される量を考えたら、バカになりません。その額が半分になるだけでも非常にメリットは高いでしょう。

国によるお金の管理が容易になる

「持っているお金が国に管理されるのではないか?」

そんな心配も出てくるでしょう。

しかし、逆に見れば、しっかり管理されることで脱税を未然に防ぐことが出来ます。

一部の方を除いて、真っ当に暮らす多くの人にとって、メリットがあります。お金持ちの不正を無くせるわけですからね。

またよく問題に上がる生活保護受給者がギャンブルをやる、などと行った行為に対しても、自治体が対策を講じることができます。

(身近な問題としては、額によってはお年玉やお祝いなども贈与税対象として管理させるかもしれませんが・・・)
このようにキャッシュレス化を進めることは国にとっては、
  • 不正を未然に防ぐ(盗難、偽札、脱税など)
  • コスト削減 →  税金の有効利用

この2つの大きなメリットがあるため、政府としては進めたいのです。

キャッシュレス化した人の方がお金が貯まる謎について

今までキャッシュレス化を進めたい政府の話をしていきました。

実はすでにキャッシュレス化をしている人の方が、お金が貯まるという不思議なデータがあります。

JCB、「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018」を発表

キャッシュレスへの不安の第1は「お金を使った感覚が薄くて、使い過ぎてしまう」です。

しかしキャッシュレス化した人の方が貯まるのは不思議ですよね。

ここから、この不思議について解説します。

年代別キャッシュレス化

まずはこのグラフを見ていきましょう。

わかりにくいグラフですが、このグラフからわかることは次の通りです。

  • 女性より男性の方がキャッシュレス化
  • 働き盛りの30〜50代でキャッシュレス化が進む

これ給与体系に似ていると思いませんか?

  • 女性より男性の方が平均給与が高い
  • 働き盛りの30〜50代の平均給与が高い

つまり、給与が高い人ほどキャッシュレス化が進んでいる傾向が見られるのです。

給料が高い人ほどキャッシュレス化をする人が多いならば、給与から同じ割合で貯蓄した場合、給与が大きいキャッシュレス化の方が貯蓄額は上がります。

例:月手取り20万の人が2万円貯蓄(貯蓄率10%)

月手取り50万の人が5万円貯蓄(貯蓄率10%)

このような傾向が予測されるのです。

なぜ年収が高い人が、キャッシュレスにするのか

では再度キャッシュレスに関するアンケートを確認します。
キャッシュレス化の方がお金の管理が得意な人が多いという結果になりました。
キャッシュレス派の人ほど、年収が高いと仮定すると、
年収が高い人ほど、お金の管理が得意な人が多い、ということになります。
お金の管理が得意ということは、
お金に関する知識が豊富であり、うまく制度や仕組みを利用していると言い換えることもできます。

キャッシュレス化のメリットと貯蓄の関係

貯蓄・・・つまり、お金を管理してお金を貯めるという視点から、キャッシュレス派と現金派をまとめました。

キャッシュレス派 現金派
管理対象 金額という数字 現金というもの
管理手法 データ管理 数える
管理にかかる時間 短い 長い
管理の仕組み化 容易 困難
キャッシュレスの最大のメリットは、家計簿にしろ、貯蓄にしろ、
  • 数字で管理し
  • 管理に時間がかからない

という点です。

キャッシュレス化でも使い過ぎず、お金を貯める5つの方法

キャッシュレスに対する不安の1番の理由は、「お金を使っている意識がなく、使いすぎる」というものです。

この不安の解消と、お金を貯めるための方法を5つ紹介します。

先取り貯金

キャッシュレス派、現金派に関わらず、

お金を貯めたいなら、必ず、先取り貯金をしましょう

給料が入金されたらまず、貯蓄分は先に確保するのです。

余ったら貯蓄しようとして思っていても、大抵貯蓄できません。

ある分は使えるという認識になっているからです。

なら、先に貯蓄分を確保し、残りを自由に使えばいいのです。

後述しますが、使ってもいいお金だけ口座に残すことが重要なのです

貯蓄用の口座を用意する

貯蓄用の口座はありますか?

もしなければ作ってみてもいいかもしれません。

この口座は貯蓄用として、必要な時以外は引き出しは禁止にしましょう。

貯蓄の口座を分けることで、先取り貯金の効果も見えやすくなります。

どんな口座でもいいですが、せっかく貯めるなら、ネット銀行など比較的利率の高い口座を作っておくと、僅かですか増やすこともできます。

クレジットよりも、プリペイド、デビットカードを使う

先取り貯金のところでも言いましたが、あれば使ってしまうのが、人の性です。

しかし、無くても使えるのが、クレジットカードです

クレジットカードは今お金が無くても限度額までは使うことができます。

大事なので、もう一度言いますが、今お金が無くても使えるのがクレジットカードなのです

クレジットは返済期間の短い借金なのですよ

またクレジットカード会社は手数料を下げる代わりに、リボ払いとか分割払いを進めてくることが多いです。

が、これもまた返済額を増える本当に恐ろしい仕組みです。

なので、「お金を使っている意識がなく、使いすぎるかも」という不安があるならば、絶対にクレジットカードは使ってはいけません

そこで、オススメするのが、プリペイドカード、デビットカードです

プリペイドカードは、Suicaをはじめとした入金した金額を利用して支払いを行うカードです。

デビットカードは、指定した銀行口座に入金されている金額を現金を介さずに支払いできるカードです。

これらのカードは事前に入金した金額や指定口座の残り分しか使うことができず、使い過ぎを抑制することができるのです

例えば、先取り貯金した残りをデビットカードで使えば、先取り貯金の効果も出るというものです。

実際、キャッシュレス化が進んでいる国では、クレジットカードのような仕組みよりもプリペイド、デビットカードのような仕組みの方が一般的です

また、これらのカードもポイントが貯まるメリットがあります。

データ連携により、収入支出の把握

キャッシュレスのメリットは管理が楽なことです。

例えば、私はマネーフォワードを利用しています。

家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト-マネーフォワード

このようなサービスと連携すると、その日、その月、今いくら使ったか、手間をかけずに可視化することができます。

現金の場合は、財布の中身を確認したり、溜まったレシートを元にExcelに入力したりしていました。

それがデータ連携だけで、まとめることが出来るので、時間短縮にも繋がります。

貯蓄の最初のステップは現状の使い方を確認することです。

今を確認しなくては、改善はできません。

今まで家計簿などをつけていない人がつけ続けるは大変な苦労です。

新たに家計簿をつける習慣を作るよりかはキャッシュレスにし、このようなサービスとの連携で、手間をかけずに収入支出の把握が可能になるのです。

ポイントを活用する

最後のメリットは、プリペードカード、デビッドカード、クレジットカードどれでもポイントが貯まるということです。

「そんなの当たり前じゃん」

そう思うかもしれません。

しかし、今までスーパーやドラックストア、コンビニなど複数のポイントカードに溜めていたのが、一つのカードポイントだけにすると思っていた以上に貯まるものです。

私自身、カードでANAのマイルを溜めていましたが、飛行機にほとんど乗っていないのにも関わらず海外無料航空券が取得できるほどに貯まりました。

ポイントをちょっとずつ使うのもいいですが、一つにまとめて一気に贅沢することもできます。

カード連携でうまくポイントも溜めて、利用していきましょう。

まとめ

キャッシュレス化は政府にとって大きなメリットがあると同時に、私たち一般人にとっても有効に利用できれば、メリットがあります。

今のところ、マネーリテラシーの高い人ほど、キャッシュレス化が進んでいます。

今までの現金でもいいですが、この機会にマネーリテラシーをつけてみてはいかがでしょうか。