本能に訴える美味しさ?ジャンクフードがうまく感じてしまう理由と食生活の改善方法

スポンサーリンク

ハンバーガー、ポテトチップス、スナック菓子、アイスクリームなどなど

美味しいですよね。

こういったカロリーの割に栄養価が低い食品は「ジャンクフード」って呼ばれて、健康に悪いってイメージが付いていますよね。

でも、美味しいんですよね(大事なことなので2度言いました)。

美味しくなかったら、健康に良くないジャンクフードなんて誰も食べません。

でも美味しいから食べてしまうんです。

実はジャンクフードは、味覚、生理学観点から見ても美味しく感じるのも当然なのです。

これは、本能に働きかけてしまうほど、美味しさがあるからです。

今回は、なぜジャンクフードを美味しく感じてしまうのか?

そして、ジャンクフードを食べ過ぎないようにする改善方法をご紹介します。

味覚の基本

5つの基本の味覚

あまい、からい、すっぱい、にがい・・・などなど

食べる時にはいろんな味を感じます。

そんな味覚ですが、生理学的に味として知覚していると分かっている味覚が5つあります。

甘味、塩味、うま味、酸味、苦味、の5つです。

これらの味は舌にある味蕾と呼ばれる器官にある受容体がそれぞれの味の物質をキャッチしたり、通過させたりすることで、味として認識します。

このように受容体や作用がしっかりわかっているのがこの5種類だけなので、基本の味覚というふうに呼ばれることがあるのです。

ちなみに5つの中で、最後に見つかったのが「うま味」です。

うま味と言えば「味の素」を想像する人もいるんじゃないでしょうか?

味のものは昆布の出汁に含まれるうま味物質、グルタミン酸を池田菊苗先生が見つけ、それを工業生産したのが、今の「味の素」という食品会社のなのです。

うま味は日本人が特に感度が高く、これを見つけた業績は大きいと思います。

脂味、こく味などは第6の味覚の可能性あり

味覚として、確実にわかっているのは上にあげた5つです。

そのほかに、味覚の候補、つまり第6の味覚の候補として上がっているのが、「脂味」「こく味」「カルシウム味」です。

カルシウムはともかく、他の脂味やこく味に影響する物質は今まで見つかっている味覚の受容体に結合する物質と比べるとはるかに大きいです。そのため、本当に味覚の受容体があるのか、単に他の受容体に一部結合しているだけなのか、まだまだ議論が絶えません。

今後の発表が楽しみですね。

他には「辛味」があります。

しかし「辛味」は味覚ではなく、痛覚による刺激であることが分かっています。

2つの味覚は本来、危険を察知する味

さて、話を5つの基本の味覚に戻します。

5つのうち、酸味と苦味は本来、危険を察知する味覚です。

この2つの味って小さい頃、苦手だった人も多いんじゃないでしょうか?

酸味:酢の物、レモン、グレープフルーツ、梅干し、など

苦み:ピーマン、ニンジン、コーヒーなど

これらの味は本能的に避ける傾向にある味覚なのです。なので、他の3つの味覚に比べて圧倒的に小さい時に嫌いな人、苦手な人が多いのです。

酸味は腐ったものに特徴的な味です。腐敗すると、微生物の作用により酸が出るためであり、それらを口にすると体に影響を及ぼすため、避けるのです。

そして苦みは毒の味です。危険なものを退けるための生物的の機構なのです。

この2つの味覚は危険を察知するための味覚ですが、大人になると食べることができるようになりますよね。

これは大人になる過程で味覚が変化したことと、食経験から安全なものとわかっているからたべることができるようになるのです。

3つの味覚はエネルギーなどにつながる重要な味

残りの3つ、甘味、塩味、うま味はエネルギーなど、体にとって絶対に必要な物質の味です。

甘味:糖質 → つまり、エネルギーの物質です。

塩味:発汗や血圧に重要なNaを摂取するためです。

うま味:肉や魚、豆など体を作るのに必要なタンパク質になります。

つまり、酸味や苦味と違って、これら3つの味覚に関わる物質は人が生きていくための生命活動になくてはならない物質なのです。

そのため、これらの味覚を口にすると「美味しい」というプラスの感情が湧きやすいのです。

ジャンクフードはどんな味?

ジャンクフードの定義は国などによって異なりますが、「栄養価のバランスを著しく欠いた調理済み食品」というのが一般的です。

では具体的に何が問題になるのか見ていきましょう。

糖質と脂質が多く、高カロリー

ジャンクフードは栄養価のバランスが悪く、ミネラル、ビタミンが少ないです。

そして問題なのが、糖質や脂質が多く、高カロリーだということです。

例えば、ポテトチップやフライドポテト。

どちらもポテトを揚げたものです。

ポテトは炭水化物の塊であり、炭水化物は消化されることで糖質に変わり、体内に吸収されます。

また揚げるということは、脂質を多く含んでいるのです。

結果、高糖質、高脂質であり、これらは高カロリーなのです。

人の体はすぐに消費されないエネルギーを脂肪という形で体内に蓄積します。

つまり、太る原因になるのです。

塩分が高く、高血圧の原因に

またジャンクフードは高塩分、つまり塩をたくさん含んでいることが多いです。

先ほどのポテトやスナック菓子なんかもそうですね。

塩分は体内の塩分濃度を維持するのに必要な物質です。

しかし、多く摂りすぎると血中の塩分濃度が上がることで、高血圧の原因になります。

高血圧は脳梗塞や心筋梗塞などの主要な臓器の合併疾患を起こす可能性があり、最悪死に至ることもあるのです。

余談:カロリー0の甘味料の効果は?

ちなみに炭酸飲料などでは糖質を抑えたカロリーオフやカロリーゼロのものも増えていますよね。

これは砂糖などの糖質を甘味料に変えることカロリーオフを実現しています。

甘味料はいくつか種類がありますが、多くは消化できないため、甘味のみを与えるため、カロリーオフ商品では重宝されています。

しかし、甘味料の効果はまだわかっていないことが多いです。

わかっていることとしては、血糖値を下げるわけではないということぐらいです。

甘味は糖質を認識するための味覚です。

つまり、甘味を感じていながら、糖質、つまりエネルギーを得ることができないとしたら・・・

私個人の考えですが、「甘味に対する感受性の低下やより甘味を欲する生理的欲求が出る可能性があるのではないか」そう思っています。

ジャンクフード食べ過ぎ防止!食の改善方法

今回紹介する方法は、下に行くほど、緩いものになります。

自分がどの段階からなら始められるか、そして最終的な目標をどこに設定するか、考える参考にしてください。

意識してスパッとやめる

体に良くないなら、止めてしまえばいいのです(暴論)。

ジャンクフードが体に良くない、食べるべきではないと思うのであれば、意識的に止めてしまうのが一番の得策です。

今までずっと食べている人がやめるのはなかなかに苦労がいることですが、しっかり意識的に避けてしまえば問題ありません。

行動パターンを見直す

一気に全部を止めることができないのであれば、

どんな時にジャンクフードを購入するか、見直しましょう。

例えば、

  • 帰宅途中にコンビニで買ってしまう
  • ついつい駅前のファーストフードチェーンによってしまう
  • 映画を見る時に、食べながら見てしまう

ジャンクフードを買うシーンや食べるシーンを思い返してみましょう。

もし、帰宅途中にコンビニで買ってしまうのであれば、コンビニの前を通らない帰宅ルートに変更する、が有効です。

このようにまずは自分の行動を改善して、ジャンクフードを避けてしまえばいいのです。

代替食品を用意する

映画やテレビを見ながら、ついつい食べてしまう。

何かつまんでいた方がいい。

そういう場合もあるでしょう。

そんな時はジャンクフードを他のものに変えるのです。

例えば、

  • ポテトチップス→薄味のポップコーン
  • ナッツ入りチョコ→ミックスナッツ
  • ドーナッツ→砂糖不使用のドライフルーツ
  • ビーフジャーキー→サラダチキン

一気にガラッと変えてしまうと、長続きしないので、

なるべく自分の好みの味や食材に近く、栄養豊富なものや味付けが濃すぎないものから徐々に変えていくのがオススメです。

セットメニューを見直す

ファーストフードを食べてはダメとは言いません。

私も好きですし。

しかし、食べる時は付け合わせを選べるものがいいでしょう。

例えば、ハンバーガーのセット。

付け合わせはポテトよりもサラダ!

飲み物はコーラなどの炭酸ではなく、コーヒーや紅茶、ミルクなど

ジャンクフードは栄養バランスが悪いことが問題です。

そのため、一つの食材を見直すだけでなく、セットメニューの一部を変えることができるようにするとやりやすいですね。

そういった点で言えば、最近のマクドナルドはセットのサイドメニューを選べるので、とてもいいですね。

ご褒美としてなら、OK!

ジャンクフードは美味しいんです。

でも栄養バランスが崩れるのが問題です。

しかし、全く食べてはダメ!そんなことは言いません。

時々のご褒美なら、もちろんOKです。

いつもしっかりした食事にすると準備も大変だし、考えるのも大変です。

なので、たまには好きなジャンクフードをいいでしょう。

普段からジャンクフードを食べているとジャンクフードの濃い味付けに慣れてしまい、より濃い味付けを求めるようになりがちです。

そのため時々にすることで、ジャンクフードの味が濃く感じるように慣れば、好んでたくさん食べようとはしなくなります。

このように味覚の面からの改善効果もあるため、時々にするのがオススメです。

最後に

私は全く食べちゃダメ、そんなことは言いません。

だって、ファーストフードにしろ、甘いデザートにしろ、スナック菓子にしろ、日本国内には美味しいものが多くあります。

でも、それらは栄養バランスが悪いため、長期に渡って食べるのが良くないのです。

エンターテイメント性が高いですが、昔こんな映画もありましたね。

ジャンクフードは生命活動に必須なエネルギーや塩分を豊富に含んでいるため、「美味しい」と感じやすいのです。

その事実を知った上で、適度にジャンクフードを楽しむことがストレスなく健康の見直しに繋がるでしょう。