【感想】「響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」演奏レベルは高いが・・・

スポンサーリンク

最新作

「響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」を見てきました。

でもなぜ、この副題にしたんですかね?不思議でなりません。

今作は久美子たちが2年生になってから、コンクールまでの話ですが、原作はまだその続き3年生になってからの話があるため、まだフィナーレでは無いんですよね。

もしかしたら、アニメ映画としてはラスト、という意味なのか?

そうだとしたら、かなり勿体無いと感じます。

では今回は、視聴した感想を紹介します。

おさらい

久美子たち1年生

前2作を振り返りできる公式動画をご覧ください。

また2の感想です。

【感想】「響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」全国大会の演奏に感動と次へのフラグ

久美子たち2年生

そして1年目のコンクールが終わり、久美子たちは2年生になります。

原作は

その時期の映画として、昨年公開された「リズと青い鳥」があります。

監督も作画も違い、かなり作風が異なりますが、コンクール前における久美子たちの一つ上の3年生、オーボエの鎧塚みぞれとフルートの傘木希美にフォーカスした作品がありました。

作風は違うけど、彼女たちの心情をすごく映していた良作品でした。

そして、今回の映画は「リズと青い鳥」以外の久美子たち主要メンバーを中心としたストーリーになっています。

今作のあらすじ

昨年度の全日本吹奏楽コンクールに出場を果たした北宇治高校吹奏楽部。
2年生の黄前久美子は3年生の加部友恵と、4月から新しく入った1年生の指導にあたることになる。

全国大会出場校ともあって、多くの1年生が入部するなか、低音パートへやって来たのは4名。

 一見すると何の問題もなさそうな久石奏。
 周囲と馴染もうとしない鈴木美玲。
 そんな美玲と仲良くしたい鈴木さつき。
 自身のことを語ろうとしない月永求。

サンライズフェスティバル、オーディション、そしてコンクール。

「全国大会金賞」を目標に掲げる吹奏楽部だけど、問題が次々と勃発して……!?

北宇治高校吹奏楽部、波乱の日々がスタート!

引用:公式HP

映画の感想

ここからはネタバレを含むので、見たくない方は戻るボタンをお願いします。

久美子の恋愛の話

映画では冒頭で告白シーン。

上記の原作で描かれた話です。

これにつながるのが久美子の誕生日の日にプレゼントしたイタリアンホワイトの髪飾り!

※イタリアンホワイトは滝先生の奥さんの墓参りに行く際に購入していた花です。花言葉は「あなたを思い続けます

ストーリー的に外せないことですが、原作を読んでいない人にとっては初っ端からなので、びっくりしたかもしれませんね。

※PV見ていたら別ですが

低音パートが映画の中心

しっかり描かれていてとても良かったのは

  • サンフェスのさっちゃんの話
  • オーディションの奏の話

特に奏の性格がしっかり表現されていたし、流れも含め原作通りで、かつ動きがあることで原作よりも響くものがあったと感じます。

オーディション前の奏でのシーンは、本映画の中では1番盛り上がりのあるシーンなので、映像音楽共に作り込まれていました。

しかし、あらすじに出てくるコントラバスの求くんの話が若干出ていますが、話の流れ的にかなりカットされていました。

逆に低音パート以外のところが薄かった

2時間という時間で見応えがある映画にするためには、原作通りではいけません。

そのため、省くところがあるのは仕方がないと思いますが、今回はやり方がちょっと雑と感じました。

特に加部ちゃん先輩の話。

トランペットが吹けなくなり、マネージャーになったところは描かれていましたが、久美子とととも初心者の指導係も含めて、かなり話が急に出てきたな、もっとあったら感情移入できたかも、と感じます。

他の点として、今回、HPやグッツで北宇治吹奏楽部の全メンバーのプロフィール等が出ています。

しかし、その反面映画ではあまり触れないません。

ぶっちゃけ原作でも名前すら出てこないメンバーも出しているので、何がしたいのか分からなかったです。

リズと青い鳥をみてないと良さがわからない

北宇治は自由曲として「リズと青い鳥」を選択しました。

これは完全にオーボエのみぞれ、フルートの希美の掛け合いがあってこその選曲です。

しかし!

今回の映画では曲に関してのこと、みぞれの覚醒も含め、一切出ません。

映画の終盤でコンクールの演奏のフルバージョンがありますが、「リズと青い鳥」を見ていないと北宇治の成長が分からず、難しい曲なのにその良さが伝わっていたのでしょうか?

演奏はいいが、カメラワーク・CGが残念

コンクールの演奏は素晴らしかったです。

「リズと青い鳥」が前作ではオーボエとフルートのソリの部分だけだったので全てを聞いていませんでした。

しかし、課題曲を含めてあの難しい演奏を完成させたというのはストーリー通して素晴らしいかったです。

ここは、原作では絶対に分からない良さです!

しかし

とっても残念だったのはカメラワーク。

演奏中のCGを使って舞台の全てを映したり、移動したりです。

今までのユーフォニアムシリーズにはそこまで気にならなかったのですが、はっきり言って、今回は稚拙に感じました

というのもその時のメインのパートを映すわけでもなく、曲に合った演出でもなく、感情移入を促す演出でもないんです。

正直、なぜ入れたのか?無い方がいいと思うほどでした。

終盤のコンクールの演奏で盛り上がるシーンです。

なのに映像があっていない点が残念でした。

総評

「リズと青い鳥」は新しい試みだったと思います。

それでもキャラの特徴を捉え、しっかり描かれていたので、個人的には良かったです。

しかし、別作品として分けてしまったことで、今作の盛り上がりがオーディションまでの話になり、後半のコンクールがちょっと物足りなくなってしまった感が否めなかった、そう感じました。

それに2時間で完結させるため、より急ぎ足でした。

個人的にはのぞみ先輩の話も含めて1作品の前後編でしっかり描いて欲しかった、というのが本音です。

とはいえ、前半は盛り上がっている、コンクールの演奏も良かったので、点数をつけるなら65点です。

最後に

原作は4月に最終章の前編が出ました。

そして、後編が6月に出て完結します。

できれば、久美子たちが3年生になった話はTVアニメでしっかり描くか、映画でも前後編にしてちゃんと描いてフィナーレを迎えて欲しいなぁと期待してます。