【これは大丈夫?】明治のこの乳酸菌のCMが危ない!気がする3つの理由

スポンサーリンク

2019年11月現在、次のようなCMをよく見かけませんか?

このCMを見てどのように思いましたか?

「免疫力が上がりそう」

「インフルエンザ予防に良さそう」

「免疫力を上げるために、明治の商品を買おう」

みなさんは、このように思ったのではないでしょうか?

しかし

食品は機能を表記してはダメなんです!!

就活生にはその会社を選んでもいいのか?

私達一般消費者にとってはその企業の製品が信頼できるか?

今回の話はそこに繋がると思います

まだ消費者団体が動いたという話は聞いていませんが、個人的には動く可能性が高いと思っています。

今回はこのCMが危険な理由について紹介します。

【ルール】食品は健康効果をうたうことができない

健康効果をうたえるのは食品ではなく、薬扱い

これには薬事法が関係します。

簡単にいうと、

健康機能をもつ(免疫力を高めるなど)ものは薬の扱いになる

ということです。

機能がある=薬

機能がない=薬以外

つまり、薬ではない食品は機能がないので、メーカーは機能を表示することができません。

表示した場合には、薬として申請許可の手続きを踏んでいないため、薬事法違反となります。

食品でも例外があるートクホ、機能性食品ー

しかし、世の中には健康機能を表示している食品があります。

機能を表示しても良い食品は3種類

  • 特定保健用食品(トクホ)
  • 栄養機能食品
  • 機能性表示食品

これらの食品の場合、必ずパッケージにその表示があります。

明治のCMが薬事法違反になりそうな2つの理由

製品名は出していないが、明治の特定の商品とリンク

このCMには製品名は一切出ていません。

しかし、

「CMに出ている明治の乳酸菌を口にしたら、免疫力が上がる」

そう思います。

気になったら、ネットで検索。

検索のトップで「この乳酸菌」の広告が出ています。中を見てみましょう。

中を見てみると、乳酸菌1073R-1株(R-1株)の研究結果のページです。

このページでもあくまでも明治の扱っている乳酸菌R-1株の機能性のことでしかありません。

しかし、R-1って製品ありますよね?

ヨーグルトや飲料として、パッケージにでかでかとR-1と表記されている明治の商品があるんです。

このCMから、R-1シリーズの食品の購入につながる可能性が高い。

つまり、CMで食品の機能を言っているのに等しいのではないでしょうか?

備考が小さく、一瞬で、読めない=誤解を招く

CMは短いので1回で全ての内容を読み取ることは難しいですよね。

しかし、よく見てください。

小さく下の方に小さく備考で書かれているのです。

「研究機関による報告であり、特定商品の効果を保証するものではありません。またかなずしも全ての人に当てはまるものではありません。」

CM見て、ここをしっかり読めましたか?

効果を示して、でも絶対ではないですよ、個人に差がありますよ

このような表記のことを「打ち消し表示」と言います。

しかし、テレビ通販番組での健康食品で、このような打ち消し表示について、多くの人が理解しておらず、優良誤認を引き起こし、消費者庁の取り締まりが強化されている内容でもあります。

朗報!「個人の感想です」は使えなくなる?商品うたいに消費者庁が動き出す
皆さんはダイエット商品や、テレビショッピングなどの番組や記事は見たことがありますか? 特にダイエットだと、明ら...

つまり、このCMを見て、多くの人が明治の製品に機能性を感じ、打ち消し表示を理解していなかった場合、

機能性のある食品として認識されているため、薬事法違反になる可能性がある

というわけです。

まとめ:このCMの放置が同様のCMの増加に繋がる可能性

まとめると、

CMを見て、

  1. 明治の特定の商品と機能性とが関連づく
  2. 打ち消し表示が理解されていない

この二つの条件が揃った場合、優良誤認を引き起こす不当表示または薬事法違反となる可能性が高いのです。

しかし、1番の問題はここからです。

消費者庁がこのCMを放置した場合、「このような広告手法ならOK」という誤った判断基準が業界内の暗黙の了解となる可能性があります。

要するに他のメーカーも同様のCMや広告を出し、私たち消費者に「あたかも健康効果のある商品を出している」と優良誤認させてくるのです。

消費者庁は、ここ数年、健康食品の効能効果に対する暗示的な表現を厳しく処分する傾向があります。

今後どのようになるか、消費者庁の動きを注視したいと思います。