【徹底解説】植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い ーどれがオススメ?ー

スポンサーリンク

最近話題の乳酸菌!

みなさんはヨーグルトや乳酸菌飲料を食べたり、飲んだりしていますか?

私は美味しさを求めて食べることはあっても、乳酸菌をとるために、という理由ではあまり食べないです。

だって、健康にすぐに効くわけではないので、頑張って摂取するのは大変じゃないですか?

さて、今回は乳酸菌の中でも動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いについて紹介します。

植物性乳酸菌を大々的に宣伝する商品もあるので、選ぶときの参考にして欲しいです。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳酸菌とは?

乳酸菌とは代謝によって乳酸を作り出す微生物の総称です。

総称なので、本当はたくさんの種類がいますが、ラクドバチルス(Lactobacillus)やラクトコッカス(Lactococcus)と呼ばれる菌の種類のことを呼ぶことが一般的です。

動物性、植物性乳酸菌の意味

「動物性」「植物性」と言いますが、より具体的に表現するなら、「動物由来」「植物由来」というその菌がどこから見つかったのか、ということです。

つまり、

動物性乳酸菌:動物の体内やヨーグルト、チーズなどの動物性発酵食品から見つかった乳酸菌

植物性乳酸菌:植物の表面や漬物、醤油などの植物性発酵食品から見つかった乳酸菌

簡単にいうなら、機能の違いではなく、生まれの違い、という訳です。

乳酸菌の耐性の違い

しかし、この生まれの違いによって差があります。

例えば、

動物性乳酸菌は動物の体内やミルクなど栄養が豊富にあり、温度など環境が安定しているゆるい環境で生育しているため、環境変化に弱く、口に入れても消化管で死滅してしまう、と言われています。

対して、植物性乳酸菌は植物の表面など栄養が少なく、温度なども変化しやすい環境にいるため、耐性が強く、口に入れても消化管で死滅することなく、腸まで届く菌が多いと言われています。

そのため、スーパーなどで売られている商品で「腸まで届く」と表記されているものは植物性のことが多い傾向にあります。

ただし、植物性の発酵食品(醤油、味噌、キムチなど)に利用されている乳酸菌は塩に強いが、栄養豊富な環境にいるため、必ずしもすべてが腸まで届くというわけではありません。

乳酸菌の代謝の違い

植物性乳酸菌でもヨーグルトを作ることができます。

逆に言えば、ヨーグルトの菌でも漬物を作ることもできる可能性が高いです。

私たちが食べるものに好みがあるように乳酸菌も好みがあります。

でも魚が嫌いな人でも魚を消化することができるように、植物性乳酸菌でも動物性の食品を発酵させることが可能です。

あとは動物性乳酸菌、植物性乳酸菌という括りに関係無く、菌の種類ごとに異なる代謝を持っていることがあります。

例えば、GABAを生産できるとかです。

動物性乳酸菌、植物性乳酸菌どっちがいいのか?

どっちもでもいい!

どっちでも構いません。

だって、動物性乳酸菌とか植物性乳酸菌とか表記されていない食品も多いんです。

ヨーグルトと言いながら、植物性乳酸菌を使っていることもあります。

ぶっちゃけ私たち消費者には判断できません。

逆に表記されているからと言って、体にいいというわけではないからです。

なぜそのような表示の違いをするのか?

これはメーカーの販売戦略です。

お肉よりも野菜のほうが健康にいい気がしますよね。

それと同じで、植物性由来の乳酸菌の方が良さそうな気がするのです。

良いと思って摂取すれば、本当に体にいい!(プラシーボ効果)

なら買ってくれる人も増えそうですよね

結局どんな乳酸菌を取るのがいいのか?

ここまでで、どの乳酸菌の食品がいいのか、分からなくなったと思います。

そこでお勧めする第1番はトクホ、です。

トクホは乳酸菌だけでなく、その食品として健康効果が実証され、国の許可を受けたものだけが表示をすることができます。

つまり、個人差があるかもしれませんが、効果があると言えます。

それにトクホは許可を取ることは、企業にとってものすごいコストがかかることです。

逆に言えば、コストを回収するために長期間にわたって、販売します。

なので、「好きなあの商品がなくなってしまった」ってこともなりにくいです、

次に機能性表示食品です。

乳酸菌を機能性成分として表示している商品も増えています。

トクホと異なり、機能性表示食品は国に申請のみで、許可は入りませんが、メーカーに責任が伴います。

ちゃんとしたメーカーなら無責任なことはしないので、一つの基準になります。

そして避けた方がいいのは、乳酸菌の機能を説明しているのに、トクホも機能性表示もない健康食品です。

機能自体は一般的に知られていることをまとめるだけならどんな人でも書くことが可能です。

はっきり言って、このような商品を販売するメーカーは乳酸菌という流行に乗って、売れれば良い、という考えを持っている可能性が高い。

そのため、効果は保証できないでしょう。

最後に

動物性乳酸菌、植物性乳酸菌は機能の違いではなく、生まれの違いであり、大きな差を生む表示ではありません。

食品である以上、機能を表示することができないため、怪しいものには手を出さないように、乳酸菌食品を楽しみましょう。