乳酸菌の機能とメカニズム

スポンサーリンク

乳酸菌を含む食品は近年、その健康効果が話題になっています。

整腸効果、免疫力向上、花粉症予防など・・・

いろんな話を聞きますよね。

このブログでも乳酸菌関連を記事を書いてきました。

今回は

  • そもそも乳酸菌とは何か?
  • 乳酸菌はどうして健康効果をもたらすのか?

その機能とメカニズムについてわかりやすく紹介します。

乳酸菌とは?

乳酸菌は乳酸を作る微生物の総称

乳酸菌はケーキやお菓子、ご飯などに含まれる糖質を消費することで、乳酸を作り出す微生物の総称です。

総称なので、その菌の種類も豊富です。

わたしたち人は激しい運動をすると、疲れて、「乳酸がたまる」っていいますよね。

実はこの時の反応と乳酸菌が乳酸を作る反応はほとんど同じなのです。

乳酸菌の形

乳酸菌には様々な種類がいますが、大きく形から分けると

  • 丸い形をした球菌
  • 細長い形をした桿菌

の2種類です。

乳酸のLactoに球菌を意味するcoccus、桿菌を意味するbacillusをつけて、

Lactococcus属、Lactobacillus属に属する微生物が一般的に言われる乳酸菌です。

もちろんこの他にも存在します。

乳酸菌の機能とそのメカニズム

乳酸菌で報告されている主な整理機能は次の通りです。

  • 整腸作用
  • 感染防御
  • 血圧効果
  • 免疫力向上
  • 免疫抑制
  • 脂質代謝改善
  • など

わかりにくい点としては、感染防御、免疫力向上と免疫抑制ではないでしょうか。

向上と抑制が両方あるわけですからね。

感染防御と免疫力向上は主に唾液や胃腸などの粘液における防御機能が向上することです。

対して、免疫抑制は本来病原菌ではない花粉などのアレルギーに対する過剰な防御反応を抑えることです。

今回は割愛しますが、この2つの生体防御反応に関わる物質が異なっています。

さて、ここからはこれらの機能を発揮するメカニズムについて解説します。

乳酸菌の代謝反応で生成される物質

乳酸菌は糖などを食べることで、乳酸などの代謝産物を作ります。

この代謝産物が私たちの体に効果を示すことが報告されています。

一番有名な乳酸は、有害菌の抑制効果があります。

また一部の乳酸菌が作るγ-アミノ酪酸(GABA)は血圧を抑え、ストレスを軽減してくれます。

そのほか、共役リノール酸は脂質代謝を改善し、乳酸菌の作るビタミン類が栄養を補助してくれます。

乳酸菌の細胞の膜構造

乳酸菌の表面はつるんとした坊主ではなく、様々な微小の成分が毛のようにくっついている状態です。

この毛のようなものには、膜状にくっついている糖(LPS)や表層タンパク質(CSP)などがあります。

これらの物質は私たちの体の免疫システムの1つであるマクロファージと結合することでマクロファージを活性化させ、アレルギー反応で起こるIgE抗体の産生を抑制する働きが報告されています。

乳酸菌の膜状に存在する成分がアレルギー反応の抑制に効いています。

乳酸菌そのものやその分解物

乳酸菌そのものも効果があります。

というか、一部の乳酸菌を除き、多くの乳酸菌は胃酸の海で残念ながら死滅します。

でも死んでも大丈夫です。

というのは死んだ乳酸菌も私たちの体に効果を示してくれるからです。

もちろん上記の膜状の成分もありますし、菌体が分解した後は腸内細菌の餌となり、整腸作用を促してくれるのです。

今回紹介した3つのメカニズム

実は乳酸菌の種類によって変わってきます。

乳酸菌が違えば、代謝産物も膜状に存在する成分や菌体内に含まれる成分が異なるからです。

なので、

  • 自分にあった乳酸菌を見つけましょうという話
  • 製品によって使われている乳酸菌や報告されている機能が異なる

というのは、菌によってどうしても違いが出ているためです、

乳酸菌は死菌、生菌どっちがいいのか

「生きて腸まで届く乳酸菌」なんていう言葉はよく見かけると思います。

こんな言葉を見ると、腸まで生きてる乳酸菌が届くのが良さそうに感じますよね。

実際はどうなのか解説します。

すでに報告されている生理機能のためなら死菌でもいい

上記で3つのメカニズムを説明しました。

この3つのメカニズムの中で、生菌を摂取しないと得られない効果はありません。

あるとすれば、1つ目の代謝産物です。

しかし、ヨーグルトや乳酸菌発酵飲料としてすでに代謝されてできた食品を摂取すれば、効果を得ることができます。

乳酸菌配合、という食品では得られませんが、乳酸菌発酵なら大丈夫です。

残りの膜や菌体そのものは生きてようが死んでようがどっちでも効果は同じです。

「生きて腸まで届く」の証明方法

さて、乳酸菌が「生きて腸まで届く」という言葉をよく見かけますが、

実際にはどのようにこれを証明していると思いますか?

実はこれは、排泄した便から摂取した乳酸菌が見つかればいい、のです。

例えば、ヨーグルトの乳酸菌が胃腸で分解されていた場合、便からその菌を取ることができません。

しかし、生きていれば、その菌を取ることができるという訳です。

つまり、「生きて腸まで届く」=「死なずに便と一緒に排泄される」という意味なのです。

乳酸菌としては、植物から見つかった乳酸菌(植物性乳酸菌)の方が耐性が強いので、便の中から見つかる傾向にあります。

【徹底解説】植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い ーどれがオススメ?ー
最近話題の乳酸菌! みなさんはヨーグルトや乳酸菌飲料を食べたり、飲んだりしていますか? 私は美味しさを求...

生きて届いたからといって、腸内で機能しているかはわからない

「生きて腸まで届く」=「死なずに便と一緒に排泄される」

この言葉はすごく誤解を招く言い方ですね。

あたかも腸内で機能しているような気がするんですよ。

しかし実際にはこうです。

「生きて腸まで届く」=「死なずに便と一緒に排泄される」≠「腸内で機能している」

なぜかというと摂取した乳酸菌が腸内で働いているかが証明できていないからです。

腸内には1兆もの腸内細菌がいます。

ここから、1種類の菌の機能だけを正確に把握することは現状できません。

また死菌でも腸内細菌の餌となり、効果があります。

そのため、生きている菌の効果なのか、死んでいても同じなのかわからないのです。

まとめ

乳酸菌は

  • 代謝産物
  • 膜構造
  • 菌体そのもの

が体や腸内細菌に作用することで整腸作用、感染防御、血圧効果、免疫力向上などの機能を示すが菌の種類によって、得られる効果が異なります。

味が良くて自分の健康に合いそうなものを試してみてください。

ただし、これらの機能は1ヶ月以上取っていないとすぐには効果が出ない理解して初めてください。