【解説】秋から気をつけるノロウイルス!家庭の対策と除菌スプレー

スポンサーリンク

11月ごろから、感染が増え、冬(12〜2月)に感染ピークを迎えるノロウイルス。

毎年、猛威をふるいます。

ノロウイルスは現在、最も患者数が多い食中毒です。

このノロウイルスは有効な薬がなく、自己免疫で症状を治るのを待つしかありません。

今回は、ノロウイルスについて家庭でできる予防策と除菌スプレーを紹介します。

ノロウイルスは感染力が強く広まりやすい

ノロウイルス

ノロウイルスは非細菌性急性胃腸炎を引き起こします。

大きさは直径が30-38nmで、非常に小さなウイルスになります。

特徴的は

  • 感染力の強さ
  • エンベロープという膜を持たない

ノロウイルスはまだ、実験的に増やすことができず、直接薬などの効果を調べることができません。

そこで近いウイルスであるネコカシリウイルスを使うのが現状です。

ノロウイルス感染症の症状

ノロウイルスは感染後1〜2日で発症します。

発症後の症状

  • 急激に来る激しい吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢       など

現在は、

特効薬はなく、症状が治まるまで、脱水症状に気をつけ、安静にするしかありません。

ノロウイルスの感染経路

感染経路は2通り

  • ウイルスのいる食品を食べる一次感染
  • 人から人への二次感染

・一次感染

一番多いのはカキなどの二枚貝です。

しかし、生シラスからの感染報告例もあります。

そのため、どの食べ物から来るかわかりません

・二次感染

患者数が爆発的に増える原因は人から人への感染です。

一次感染者の、くしゃみや嘔吐物によって拡散するのです。

特に嘔吐物を片付ける人が感染することが多い。

そのため、手袋をし、下記のスプレーを活用して二次汚染を防ぐことが大切です。

ノロウイルスはアルコールが効きにくい

ノロウイルスに有効なのは、次亜塩素酸と加熱です。

ノロウイルスQ&A-厚生労働省

加熱は85℃、1分必要です。

実は

ノロウイルスは他のウイルスや食中毒菌と異なりアルコールが効きません

ノロウイルスがウイルスの多くが持つエンベロープという膜を持っていません。

エンベロープとは脂質でできており、アルコールで簡単に破壊できます。

でもノロウイルスはエンベロープを持たないため、アルコールが効かないのです。

※正確には少しは効果がありますが、過信してはいけません。

台所で使える!ノロウイルス除菌スプレー

厚生労働省がオススメする次亜塩素酸

つまり、ハイターです。

[amazonjs asin=”B000TGMGJ8″ locale=”JP” title=”キッチン泡ハイター 台所用漂白剤 ハンディスプレー 本体 400ml”]

料理後の消毒には良いけど、ハイターは口に貼ってはダメですよね。

ここでは口に入っても良い、食品にかかっても大丈夫なスプレーを紹介します。

ウィルバス

[amazonjs asin=”B00FR9R1VK” locale=”JP” title=”ウィルバス500ml (200ppm)”]

ハイターと同じで、次亜塩素酸タイプのスプレーです。

このスプレーは食品にかかっても問題ないレベルの次亜塩素酸の濃度に調整されおり、

万が一食品に入っても大丈夫です。

次亜塩素酸は厚生労働省でも勧めている殺菌剤なので、有効はあります。

K Blanche(ケイブランシュ)

[amazonjs asin=”B06XBLMZTT” locale=”JP” title=”キユーピー K Blanche(ケイブランシュ)”]

マヨネーズで有名なキユーピーが販売しているアルコール製剤です。

卵白中に含まれるリゾチームを利用した製品です。

加熱変性リゾチームがノロウイルスに効果があったことを学会でも発表しています。

加熱変性リゾチームによるノロウイルス不活化とメカニズムの研究

卵由来で、天然のものしか使っていないのが安全って感じがします。

※卵由来の成分が入っていますが、アレルギーの可能性は非常に小さいそうです。

K Blancheを使用して卵アレルギーを 発症しないか心配です。

アルタンノロエース

[amazonjs asin=”B002D1CXWW” locale=”JP” title=”アルタン ノロエース”]

こちらは柿渋の抽出物が入っており、それが効果を示します。

こちらも報告書があるので、信頼性があります。

柿渋はタンニンの効果も期待できます。

ノロウイルスをはじめ、多くのウイルスに対して抗ウイルス効果を示します。

最後に

ノロウイルスを始め、食中毒を予防する方法は

原因菌やウイルスを「つけない、増やさない、やっつける」ことにあります。

ノロウイルスはまだどこから感染するかわかりません。

まずはご自宅での感染を防ぐために、加熱、次亜塩素酸、その他効果の認められる除菌スプレーを使って対策をしましょう。