【解説】食品メーカー社員が太らない理由

スポンサーリンク

食品メーカーで研究開発の仕事をしている管理人です。

食品の開発のため、仕事中に

  • 試作品の味見
  • 官能評価
  • 保存性の試験(風味が変化していないか)

このような理由で食事以外に食べる機会がたくさんあります。。

以前、仕事でご飯の評価をしていたときは

お米を見たく無い、食べたくないと思う程度には食べていました(笑)

食品メーカーの開発職は食べます。

しかし、食べる割には、太っている人は多くありません。

これは健康意識の高さもありますが、

普段食べるからこそ、他のところで調整をしているからです。

今回は仕事で食べる人たちが太らない理由の解説と、

もし就職活動や転職活動で食品メーカーを志望する人は

その会社に太っている人が多いか、見たほうが理由を解説します。

仕事で食べても太らない理由

太る人はいます。

しかし、私が見る限り、太っている人は多くありません。

食品メーカーは健康を売る会社

食品メーカーの企業理念や目指す姿や経営計画を見てください。

かならず健康という言葉が出てきます。

食品メーカーは食品を通して、消費者に健康を提供する、からです。

そんな食品メーカーは、消費者の健康を考えて、開発します。

仕事で食べることが多くても、健康意識や情報に敏感です。

結果、健康に大して、意識的、無意識的に気をつけている人が多いです。

体型を変えない行動

仕事としてよく食べる開発職の人の多くは、仕事以外の面で意識的に調整しています。

大きく2つ

  • 仕事以外の食事の量を調節する
  • 運動して消費量を上げる

仕事で食べるなら、太らないようにするために

  • 総摂取カロリーに注意する
  • 消費カロリーを増やす

わけです。

具体的には

  • 午前中に試食したら、お昼の量は減らす
  • 仕事帰りにジムに行く

食という仕事柄もあり、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを整えています。

他にも食べ疲れてしまう、という理由もあります。

太る人、痩せる人

そんな食品メーカーでも太る人、逆に痩せてしまう人はいます。

その人の特徴を見ていきましょう。

痩せる人

食品メーカーで痩せる人は、ストレスです

仕事で食べるのは、きついです。

開発のために、いつも同じものを食べなくてはいけません。

しっかり評価して、アドバイスしなきゃいけないので、かなり神経を使います。

味の良し悪しはわかるけど、美味しくありません。

これをやると、かなり疲れます。

そのようなストレスや他の仕事上のストレスによって拒食気味になり、

痩せます。

太る人

太る人の特徴は大きく次の3つです。

  • ストレス
  • 自己管理ができない
  • 生産性が悪い

ストレスで痩せる人もいる反面、逆に太る人もいます。

ストレス発散のために、食べてしまうからです。

もちろん食べれば、太るのがわかっているため、

自己管理ができない人が多いです。

また、健康を売りにする食品メーカーの社員が太っていたり、痩せているのは

会社のイメージを低下させます。

目的意識が低く、行動が伴わない、

つまり、生産性が低い人ほど、太る、痩せる傾向にあります。

就活・転職希望者は太っている社員をがチェックすべし

今までの話を総括します。

  • 食品メーカーは食品を通して健康を売る
  • 食べることが仕事でも、体型が変化しない人が多い
  • 太っている=自己管理が不得意

これらを踏まえて、太っている人が会社にいるかチェックする理由を解説します。

チェックするポイントは、

  1. 役員にいるか?
  2. 一般職に多いか?

です。

役員が太っているか?

役員は会食も多く、太る原因はたくさんあります。

しかし、役員は会社の顔です。

太った人が「この製品を食べると健康に!」って言っても、全く説得力がありません。

広告的な視点から、役員の太りはデメリットです。

実際、テレビに出る社長は

太りすぎていない

痩せすぎていない

普通の体型の人が多いです。

太っている人は自己管理が苦手、甘い傾向にあります。

つまり、太っている役員が良い仕事はできていない可能性が高いです。

社員数の少ない企業なら、その場合でも役員になることがあります。

結果、その企業は財政上問題を抱えている、

例えば

  • 自転車操業になっている
  • 設備投資や人材育成ができていない

可能性があります。

まとめると

太った役員がいる会社はリスクがあるので、

就活の時にしっかり確認することが大切です。

(中には動けるデブのような人もいるので仕事ができる人もいます)

開発職に太っている人が多いか?

ざっとみて2割以上太っている人がいる場合は注意です。

この場合、以下の可能性が考えられます

  • 自己管理ができない人が多い
  • 会社全体が非効率的な仕事環境
  • 協力関係やチーム意識が低い
  • 言いたいことが言えない環境
  • 職場環境が劣悪

このような環境の職場は

食べ過ぎて太るか、逆に激ヤセする人が本当に多い。

食品メーカーだけでなく、これは外食チェーンでも同じです。

希望している会社を見学して、

もし太っている人が多い場合は、避けた方がいい企業と言えます。

結論

役員や開発職に太っている人が多い食品メーカーは間違いなく環境が悪い。

そして将来的には伸びないどころか、倒産するリスクもあると考えます。

これは私の就活、転職、仕事の中で見た印象ですが、

太っている社員の多い食品メーカーがうまくいっているのを見たことがありません。

最後に

健康は資本です。

食品を通して健康を売る食品メーカーなら、なお重要です。

自ら実践できない企業が、“健康”という理想を掲げても説得力がありません。

その視点をぜひもって食品メーカーを目指して欲しいです。