【解説】乳酸菌の機能とメカニズム

スポンサーリンク

乳酸菌を含む食品は、その健康効果が話題です。

整腸効果、免疫力向上、花粉症予防など・・・

今回は

  • そもそも乳酸菌とは何か?
  • 乳酸菌はどうして健康効果をもたらすのか?

その機能とメカニズムについてわかりやすく解説します。

乳酸菌とは?

乳酸菌は乳酸を作る微生物の総称

乳酸菌はケーキやお菓子、ご飯などに含まれる糖質を消費することで、

乳酸を作り出す微生物の総称です。

総称なので、たくさんの種類がいます。

実は私たち人も乳酸を作ることができます。

激しい運動をしたときに、疲れて、「乳酸がたまる」っていいますよね。

この時の反応は、乳酸菌が乳酸を作る反応とほぼ同じです。

乳酸菌の形

乳酸菌には様々な種類がいますが、大きく形から分けると

  • 丸い形をした球菌
  • 細長い形をした桿菌

の2種類です。

乳酸のLactoに球菌を意味するcoccus、

桿菌を意味するbacillusをつけて、

Lactococcus属、Lactobacillus属と言われます。

もちろんこの他の菌もいますが、この2種類がよく見かけるものです。

乳酸菌の機能とそのメカニズム

乳酸菌で報告されている主な整理機能は次の通りです。

  • 整腸作用
  • 感染防御
  • 血圧効果
  • 免疫力向上
  • 免疫抑制
  • 脂質代謝改善
  • など

わかりにくい点としては、感染防御、免疫力向上と免疫抑制です。

向上と抑制が両方あるためです。

これは、

感染防御と免疫力向上は主に唾液や胃腸などの粘液における防御機能が向上すること

対して、

免疫抑制は本来病原菌ではない花粉などのアレルギーに対する過剰な防御反応を抑えること

今回は割愛しますが、この2つの生体防御反応に関わる物質が異なっています。

さて、ここからは機能を発揮するメカニズムについて解説します。

乳酸菌の代謝反応で生成される物質

乳酸菌は糖を食べることで、乳酸などの代謝産物を作ります。

この代謝産物が私たちの体に効果を示します。

まず、乳酸は、有害菌の抑制効果があります。

また一部の乳酸菌が作るγ-アミノ酪酸(GABA)は血圧を抑え、

ストレスを軽減してくれます。

ストレスに効く、GABA配合チョコレートがスーパー・コンビニで売られています。

そのほか、共役リノール酸は脂質代謝を改善し、

乳酸菌の作るビタミン類が栄養を補助してくれます。

乳酸菌の細胞の膜構造

乳酸菌の表面はつるんとした坊主ではなく、

様々な微小の成分が毛のようにくっついている状態です。

この毛のようなものには、

膜状にくっついている糖(LPS)や表層タンパク質(CSP)があります。

この膜状の成分がは人の免疫システムであるマクロファージと結合することで

マクロファージを活性化させ、

アレルギー反応で起こるIgE抗体の産生を抑制する働きが報告されています。

つまり、アレルギー反応を抑えてくれるのです。

乳酸菌そのものやその分解物

乳酸菌、それ自体も効果があります。

一部の乳酸菌を除き、乳酸菌は胃で死にます。

でも死んでも効果があります。

上記の膜状の成分の他に、

菌体が分解した後は腸内細菌の餌となり、整腸作用を促してくれます

今回紹介した3つのメカニズム

乳酸菌の種類によって、また異なります。

乳酸菌が違えば、代謝産物も膜状の成分や菌体内に含まれる成分も多少違います。

そのため、いろんな記事では次のようなことが言われるのです。

  • 自分にあった乳酸菌を見つけましょうという話
  • 製品によって使われている乳酸菌や報告されている機能が異なる

乳酸菌は死菌、生菌どっちがいいのか

「生きて腸まで届く乳酸菌」という言葉はよく見かけます。

あたかも、腸まで生きてる乳酸菌が届くのが良さそうに感じます。

この点について、解説します。

すでに報告されている生理機能なら死菌でもいい

今まで3つのメカニズムを説明しました。

この3つは、生菌でも死菌でも効果は同じです。

違いを探すなら、代謝産物に少し違いが出ます。

しかし、ヨーグルトや乳酸菌発酵飲料としてすでに代謝されてできた食品を摂取する場合、

効果を変わりません。

「生きて腸まで届く」の証明方法

さて、乳酸菌が「生きて腸まで届く」といいますが、

どのようにこれを証明していると思いますか?

実は、排泄した便から摂取した生きた乳酸菌が見つかるか否か、です。

ヨーグルトの乳酸菌が胃腸で分解されていた場合、便からその菌は検出できません。

もし生きていれば、菌を検出することができます。

つまり、

「生きて腸まで届く」=「死なずに便と一緒に排泄される」

という意味です。

植物から見つかった乳酸菌(植物性乳酸菌)の方が耐性に強いので、

便の中から見つかる傾向にあります。

http://studyforplayer.com/2019/11/27/post-2510/

生きて届いたからといって、腸内で機能しているかはわからない

「生きて腸まで届く」=「死なずに便と一緒に排泄される」

この言葉はすごく誤解を招く言い方です。

あたかも腸内で機能しているように感じます。

しかし実際には

「生きて腸まで届く」=「死なずに便と一緒に排泄される」≠「腸内で機能している」

この理由は、摂取した乳酸菌が腸内でどう働いたか、分からないからです。

腸内には1兆もの腸内細菌がいます。

ここから、1種類の菌の機能だけを正確に把握することは現状できません。

また死菌でも腸内細菌の餌となり、効果があります。

そのため、生きている菌の効果なのか、死んでいても同じなのかわかりません。

まとめ

乳酸菌の効果は

  • 代謝産物
  • 膜構造
  • 菌体そのもの

による

  • 整腸作用
  • 感染防御
  • 血圧効果
  • 免疫力向上など

ただし、機能は菌の種類によって、少し異なります。

私のおすすめは、好みの味で、食べて体調が良く感じるものを食べましょう。

今回紹介した機能は1ヶ月以上続けないと、効果は出ません。

長く続けられるものを見つけましょう。