【ニュース解説】アレルギーにアーモンドが追加。ただし、早急な表示義務はなし

スポンサーリンク

2019年9月

消費者庁はアレルギー表示について推奨品目ににアーモンドが追加されました。

これによってアレルギーの表示が必要なものは

「特定原材料」7品目

エビ、カニ、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ)

「特定原材料に準ずるもの」21品目

アーモンド、アワビ、イカ、イクラ、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、サケ、サバ、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、リンゴ、ゼラチン

となりました

今回の改定、すぐに表示の変更が必要というわけでもない、

という不思議な措置となっています。

今回、

アーモンドがアレルギーに追加された理由と、

追加されたのにすぐに表示が必要ないという話を解説していきます。

食品アレルギーにアーモンドが追加

木の実由来のアレルギーが増加

2019年5月末に公表された第6回目となる平成30年度調査研究事業報告書を確認します

この調査は平成29年の間に、

“何らかの食物を摂取後 60 分以内に症状が出現し、かつ医療機関を受診したもの”

を医師に調査した結果です。

つまり、かなりひどいアレルギー症状が出た、と考えていいでしょう。

その原因物質の結果がこちらです。

参照:平成30年度調査事業報告書 図2原因物質

木の実類が既にアレルギーの表示が必要な落花生(ピーナッツ)よりも

多く、全体で4番目です。

木の実類の内訳は、

  • クルミが 251 例(木の実類の 62.9%)、
  • カシューナッツが 82 例(同 20.6%)
  • アーモンド 21 例(同 5.3%)

なお、クルミもカシューナッツも既に表示が必要です。

アーモンドは以前から検討

アーモンドのアレルギー症状の数は多いです。

それこそ、アレルギー表示に追加される前のバナナやゴマと同じくらいです。

くるみが表示義務化になる際に

実はアーモンドも症例が年々報告されていることから、

追加検討されており、今年追加になりました。

アーモンドの表示義務は急ぎでない点

通常アレルギーの追加は早急に対応が必要

通常の場合、アレルギー表示が必要な物質して決定した際には、

早急に対応が求められます。

これは「アレルギー物質の摂取が最悪、死に至ることもある重大なことだから」です。

そのため、

消費者庁はいつまでに表示を義務化するか、

期限を設け、

各食品事業者はその期限内に対応する必要があるのです。

アーモンドは少し時間を要するかも

アーモンドの表示の追加の期限について、食品表示基準Q&Aでは次のように書かれています。

簡潔にまとめると、

可能な限り速やかに行うこと

ただし、表示の新制度対応中を考慮して、表示は各食品事業者に委ねる

表示の新制度は令和2年3月にまでに行う必要があります。

この内容は次のとおりです。

  • 栄養成分の表示義務
  • 添加物以外と添加物を分けて表示義務
  • その他

つまり現在、

食品事業者の多くが新制度対応に追われています。

しかし、ここにきて、新たなアレルギー物質の表示です。

アーモンドやアーモンドパウダーをたくさん使用する菓子メーカーや製菓店では、

対応すべき製品が非常に多いです。

メーカーなら、組織的に専門部署が対応しますが、

個人経営の製菓店はすぐに対応が難しいです。

このような現状を踏まえて、表示の期限が定められていない、ということです。

まとめ

  • アーモンドがアレルギー物質として追加された
  • 表示義務の期限は定められていない

もしアーモンドのアレルギーがある場合は、

アレルギーの一括表示に頼らず、原材料表示を確認して、

アーモンドやそのパウダーがないことを、当分の間は見る必要があります。

事業者は命に関わることなので、早急に対応が望まれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする