【解説】マスクの感染症予防効果まとめ

スポンサーリンク

風の季節や花粉の季節では、つけるのが当たり前になったマスク。

そして2020年の新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、マスクがより当たり前になりました。

ただし、マスクについて大きなが誤解があると感じます。

それは

「ウイルスを予防できるか?」

という点です。

今回はマスクの正しい知識をつけるため、マスクによる予防効果について詳しく解説します。

マスクの種類

マスクの素材による違い

マスクの素材には主に「ガーゼ」と「不織布」の2種類があります。

その他、ポリウレタンがあります。

ガーゼマスク

ガーゼマスクはガーゼを何重にも折り重ねてできたものです。

ガーゼは繊維が格子状になっています。

これが何重にも折り重なることで、格子の隙間を減らし、

小さな成分も通さなくすることができます。

学校の給食当番で使われる布マスクは、このガーゼマスクになり、

洗って何度も使うことができるメリットがあります。

不織布マスク

不織布はその名前の通り、織らない布です。

織る以外のさまざまな方法で繊維を結合させることで、

非常に緻密なものか、大きなものまで、自由に作ることができます。

一般的なマスクとしては

不織布マスクの方がガーゼマスクよりも薄く、

繊維も緻密でフィルター効果は高いですが、

基本的に使い捨てになります。

ポリウレタン

PITTA  MASKに使われている素材です。

ポリウレタンというと台所スポンジに使われる素材で身の回りにあります。

しかし、マスク用としPITTA MASKで使われ始めた素材で、種類は多くありませんが

洗って複数回使えます。

またポリウレタン独特の匂いが

マスクの形状の違い

マスクには形状の違いでおおよそ3種類あります。

平型

給食当番のマスクなど、ガーゼマスクで一般的な長方形のマスクです。

長方形で形が変わらないため、小さいマスクを使用すると

鼻から口までを覆うことができなかったり、

口を動かすと外れてしまうことあります。

プリーツ型

初めは長方形で、上下に折り目を伸ばすことで、

鼻からあごまでカバーできるマスクになります。

不織布マスクで一般的な形で、自分の顔の形状に合わせることができるため、

息がしやすく、またフィルター効果も高い形状です。

反面、顔に合わせないことで、横や上に大きな隙間を開いていることがよく見られます。

その隙間によって、メガネが曇りやすい欠点があります。

立体型

PITTA MASKや不織布マスク、中には布マスクでも

初めから顔の形に合わせて立体的になっているマスクです。

立体的になっていることで、口や鼻に空間ができるため、

比較的しゃべったりしやすい傾向にあります。

しかし、初めから立体的になっている関係で、

人によって形が合う、合わないがあります。

高性能医療用マスク

医療用のマスクとして、よりフィルター効果の高い

「サージカルマスク」「N95マスク」があります。

サージカルマスク

サージカルマスクは医療の現場で一般的に使用されているマスクで、

微生物程度の粒子(4μm程度)を95%通過させないフィルター効果を持ちます。

主にこのマスクは、細菌性の食中毒や病原菌を周りに広げないため、

医療スタッフが感染しないための目的で使われるマスクになります。

微生物ぐらいの大きさの粒子の除去が目的のため、より小さいウイルスは通過します。

N95マスク

N95マスクは米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格に合格した

微粒子用マスクの事です。

N95とは約0.3μmの粒子径を95%以上ブロックできる規格です。

新型コロナウイルスをはじめ、ウイルスによる感染症や病気の治療にあたる医療スタッフが使用します。

欠点としては、非常にフィルター効果が高いため、息苦しさを感じやすく、

長時間の着用は不可能です(2時間程度と言われています)。

またいくらフィルター効果が良くても、マスクと皮膚の隙間があっては効果を示さないため、

非常に顔に密着させるため、顔にマスクの跡が残ります。

マスクのフィルターの効果

フィルターの大きさ

同じ素材によっても差が大きいので、使用するマスクのパッケージを確認してください。

しかし、一般的に

N95<サージカルマスク<一般的な不織布マスク<ポリウレタンマスク<布マスク

このように右に行くほど、フィルターが大きく、

粒子が通りやすくなります。

フィルターサイズよりも大きいものは通過しない

マスクの効果はそのフィルター効果によって、

大きな粒子が呼吸器に入ることを防ぐことです。

例えばPITTA MASKを例にすると

花粉のような大きな粒子はフィルターで防ぐことができるが、

PM2.5やウイルスは通過を防ぐことができません。

マスクの予防効果

ここでは医療の現場でなく、私たち一般の人にとってマスクがどのような効果をもたらすか

具体的に説明します。

マスクは外からの侵入を予防できない

今までマスクのフィルター効果を解説しましたが、

それはしっかり隙間なく顔に密着し、フィルター効果を100%発揮している状態です。

しかし、一般的に完全に密着させ、隙間なくつけることはできません。

口を動かせば、マスクがずれ、隙間が悪からです。

髪の毛一本入るようであれば、花粉も微生物もウイルスも入り込みます。

そして、本来の使い方であれば、

食事などで一度マスクを外したら、新しいマスクに変える必要があります。

しかし、普通に一日使い回す場合、外したときにマスクの内部に

ウイルスや病原菌が入り込むことはあり得るため、

パッケージの説明通りの予防効果はない、と思った方がいいです。

しかし、もちろんそんな隙間があるマスクでも次の3つの効果があります。

マスクは飛散を防止する

感染者が咳やくしゃみをすると、非常に病原菌やウイルスが飛散します。

この飛散するとき、病原菌もウイルスも微小な唾に含まれて飛んでいきます。

どんな素材であれ、マスクをしている場合、

この唾をマスクでキャッチすることができるので、

飛散する距離を大幅に縮めることができます。

またマスクをしていなくても、ハンカチで口や鼻を抑える咳エチケットによっても

同様の効果を得ることができます。

マスクによって、喉が守られる

マスクの2つ目の効果は、喉や口の乾燥を防ぐことができます。

喉や口の中は唾液を始め、さまざまな粘液によって守られている状態になります。

しかし、乾燥すると水分がなくなり、この粘液の効果も薄れてしまいます。

すると、病原菌やウイルスは体内へ侵入しやすくなります。

マスクをすると、呼吸によって、水分が体外に飛んでいくことを防ぐことができ、

喉や口の乾燥を防いでくれます。

その結果、もともと持っている免疫機能が働き、

風邪などの予防に効果をもたらします。

マスクによって、手からの侵入を防ぐ

おたふく風邪のように空気感染する感染症を除き、

風邪の原因菌やウイルスは飛沫感染や接触感染で広がります。

これは感染症の原因が直接喉に入るよりも、

感染者の唾などを手で触り、それを口に入れてしまうことで

感染することを示しています。

要するにマスクの有無よりも手を口に入れるかの方が感染に影響します。

マスクをすると、口や鼻を覆うため、

手で顔を触ることを防ぐことができます。

これが感染症や風邪の予防に効果的です。

風邪やウイルスの予防に必要なこと

マスクを過信してはいけない

一番に言いたいことは、マスクを過信しすぎてはいけません。

つまり、マスクを付けるだけで、

風邪やインフルエンザの予防ができるわけではないのです。

そこで必要になるのが、次の4つの方法です。

手洗い(洗顔)

まず1番に手を洗うことです。

前述したように、ウイルスのついた手で顔を触ることが感染のリスクを上昇させます。

普段の生活では、

外に出れば、無意識のうちにいろんな場所を触っており、

手にウイルスや病原菌がいると思ってください。

そのため、まず家に帰ったら、手を洗う、食事の前には手を洗うことを

徹底することが第一です。

もちろん、アルコールで消毒できれば、ベストですが、

手に付着したウイルス等を流水で流すだけでも効果があります。

また手を洗った後、さらに洗顔もするとより効果的です。

うがい

もし、口を触ってしまっても、

すぐにうがいをすれば、体内への侵入を防ぐことができます。

うがいをするときの注意点は、イソジンなどのうがい薬を使わないことです

うがい薬は細菌が喉にいる細菌、その菌を殺すために効果があります。

しかし、日常的なうがいの場合、うがい薬は喉の粘膜を傷つけるリスクがあり、

実はインフルエンザを始め、ウイルスの感染リスクが上がることが報告されています。

そのため、うがいをするときはうがい薬ではなく、水道水で行いましょう。

リスクの高いところを避ける

マスクをするよりもまず、まず感染症予防に効果的なのは

リスクが高い、3密(密閉、密室、密集)を避けることです。

インフルエンザの流行る冬は、寒いため、

密閉された暖かいところに人が集まる傾向にあります。

しかし、そういうところほど、感染リスクが高まることを理解してください。

どうしてもそのようなリスクの高いところに行かないといけない場合は、

マスクや手洗い、うがいを徹底しましょう。

健康維持

最後になりますが、予防で一番重要なのは、日頃の健康維持です。

2020年の新型コロナウイルスの重篤者の情報を見ると、

高齢者や基礎疾患のある免疫力が弱まっている人が大半です。

つまり、感染しない、または感染しても重篤にならないためには

日頃の健康管理が最も重要です。

方法としては

  • しっかり睡眠をとること
  • 疲れをとること
  • 栄養バランスを整えること
  • 運動すること
  • 体温を測定し、低体温症を防ぐこと
  • など

特に私がお勧めする方法は、「ストレッチ」です。

ストレッチで体をほぐし、血流が改善すると、

  • 疲れにくくなる
  • 基礎体温が上がる

効果があります。

また運動したときにカロリーを消費しやすいという効果もあり、

健康管理の点で非常にメリットが高い方法です。

最後に

本記事で私が伝えたいことは、

感染症予防には単にマスクをすればいいのではなく、

マスクの正しい知識や他の予防手段、そして健康維持が大切だということです。

食品研究者とウイルスとマスクの関係

最後に補足として、なぜ食品研究者である私がこのような記事を書いたか説明します。

実は食品メーカーではマスクは非常に重要なアイテムであり、

製造現場ではするのが当たり前であり、

また清潔に保つことが求められます。

その理由は「異物混入を防ぐ」「食品からの感染を防ぐ」があります。

特に今の製造される食品は昔よりも味が薄く、微生物制御の面から弱くなっているため、

食品メーカーでもクリーンルーム並みの製造設備を有しているところも多くなっています。

今回のマスクの粒子の話はここでは当たり前のように言われている内容です。

また一般的には知られていませんが、

発酵食品に使われる微生物に感染するウイルスがいます。

もちろん、人に感染するようなウイルスではありませんが、

発酵微生物に感染すると想定された発酵ができず、全て廃棄しなくてはいけないことは

人知れずに起こっています。

このような点もあり、実は食品研究者にとして、ウイルスに関する知識もつけていた為、

今回の記事を書きました。