本サイトについて | つむぎログ

本サイトについて

当ブログ「働く人のための勉強」ではその名の通り、働いている人が今よりもステップアップして、より上に行くための日々の勉強方法やそれに関わる生活スタイルについてシェアしていきます。

働く人を英語にすると、3つの単語が出ます。

labor、worker、player

この3つの言葉についてまずは解説します。

labor

肉体労働者のことを指します。中には工場の現場の人などがこれにあたります。

worker

これが一般的な「働く人」を指します。決められた小さな責任や指示されたことを行う人が当たります。そのため、workerに指示を出したり、調整するためにmanagerがいます。

player

上記2つは指示されたり、決められたことを行うのに対してplayerは自ら考えて行動する「働く人」を指すと考えます。自ら考えて行動するため、結果に責任をもつことになります。

managerがplayerなのかと思うかもしれませんが、日本の労働環境の中でいういわゆる中間管理職の中にはworker止まりの人も多いのではないかと思われます。

つまり上からの指示を繋いでいるだけで、その役職として自ら責任を持って行動しない、行動できない状態です。

本ブログのサブタイトル「study for being player」にあるようにここでの勉強の大きな目的は、「playerとして働く」ために如何に勉強するかということです。

閲覧してくださった方は何かしら、今より成長したい、勉強によって変わりたいと思っているのではないでしょうか?

実を言うと私もその一人です。

勉強することにで、ステップアップし、そしてplayerとして働くことを目指しています。

しかし、働くようになってからの勉強というのは学生の頃の勉強とは異なると私は考えます。

その一番の理由は「時間」です。

勉強は必要なことですが、日々の生活の中で優先すべきことは

第一に仕事、

そして次に家族など、

です。

勉強を主軸に置くことができる学生とは根本的に異なるため、同じような勉強法では時間がかかってしまうかもしれません。

さらに学生時代勉強が嫌だった人にとっては、同じ方法をとることは苦行でしかなく、ギブアップする可能性も高いのです。

だからこそ、働く人にあった勉強スタイルが必要になってきます。

当ブログでは

・働く人のための勉強法

・勉強の時間を作るための時間管理、生活習慣

・モチベーションの維持、向上

に重きを置いています。

それらをシェアし、見てくださった方々が成長できるよう願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする